Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 類推(るいすい)は類比(るいひ)、アナロジー(Analogy)ともいい、特定の事物に基づく情報を、他の特定の事物へ、それらの間の何らかの類似に基づいて適用する認知過程である。古代ギリシャ語で「比例」を意味する ἀναλογία アナロギアーに由来する。類推は、問題解決、意思決定、記憶、説明(メタファーなどの修辞技法)、科学理論の形成、芸術家の創意創造作業などにおいて重要な過程であるが、論理的誤謬を含む場合が高く、論証力としては弱い論理である。科学的な新概念の形成過程は、チャールズ・パースによるアブダクション理論として区別される場合が多い。異なる事象に対し類推することで、共通性を見出す言語的作業が比喩である。言語学では、言語自体に対する類推が言語の変化の大きな要因とされる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 822708 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57477898 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 類推(るいすい)は類比(るいひ)、アナロジー(Analogy)ともいい、特定の事物に基づく情報を、他の特定の事物へ、それらの間の何らかの類似に基づいて適用する認知過程である。古代ギリシャ語で「比例」を意味する ἀναλογία アナロギアーに由来する。類推は、問題解決、意思決定、記憶、説明(メタファーなどの修辞技法)、科学理論の形成、芸術家の創意創造作業などにおいて重要な過程であるが、論理的誤謬を含む場合が高く、論証力としては弱い論理である。科学的な新概念の形成過程は、チャールズ・パースによるアブダクション理論として区別される場合が多い。異なる事象に対し類推することで、共通性を見出す言語的作業が比喩である。言語学では、言語自体に対する類推が言語の変化の大きな要因とされる。
rdfs:label
  • 類推
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of