Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 顔真卿自書建中告身帖事件(がんしんけいじしょけんちゅうこくしんちょうじけん)とは、唐代の書家顔真卿の真蹟である「顔真卿自書建中告身帖」を所有する博物館(財団法人)が、現所有者である博物館に無断でこの告身帖を複製して出版した出版社に対して、所有権(使用収益権)の侵害を理由に出版物の販売差止とその廃棄を求めた民事訴訟事件である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1713939 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2301 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57137554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • 書籍所有権侵害による販売差止事件
prop-ja:事件番号
  • 昭和58年171号
prop-ja:判例集
  • 民集38巻1号1頁
prop-ja:参照法条
prop-ja:反対意見
  • なし
prop-ja:多数意見
  • 全員一致
prop-ja:意見
  • なし
prop-ja:法廷名
  • 第二小法廷
prop-ja:裁判年月日
  • --01-20
prop-ja:裁判要旨
  • 無体物である美術の著作物自体は、有体物を客体とする所有権とは違い、美術の著作物に対する排他的支配権能は著作物の保護期間に限り、著作権者のみがこれを有する。また、著作権が消滅しても、所有者が排他的支配権までも手に入れ、所有権のひとつとして著作権と同様に保護されると解することはできない。
prop-ja:裁判長
prop-ja:陪席裁判官
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 顔真卿自書建中告身帖事件(がんしんけいじしょけんちゅうこくしんちょうじけん)とは、唐代の書家顔真卿の真蹟である「顔真卿自書建中告身帖」を所有する博物館(財団法人)が、現所有者である博物館に無断でこの告身帖を複製して出版した出版社に対して、所有権(使用収益権)の侵害を理由に出版物の販売差止とその廃棄を求めた民事訴訟事件である。
rdfs:label
  • 顔真卿自書建中告身帖事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of