Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 頸椎(けいつい、cervical spine)は、椎骨の一部で、頭を支えるための骨である。ナマケモノなど一部の例外を除き、人間やキリンを含むほとんどの哺乳類の頸椎は七つの骨で構成されている。脊椎の中でも最も可動性が高く上下左右など様々な方向へ動かすことができる。第一頸椎から第七頸椎まで上から順にC1、C2、...、C7と略されることが多い。第一頸椎(C1)、第二頸椎(C2)は他の五つと比べ特徴的な形態をしており、それぞれ環椎(Atlas)、軸椎(Axis)とも呼ばれる。第三頸椎(C3)から第七頸椎(C7)までは似た形をしているが下にある椎体ほど大きく、特に第七頸椎は長く大きな棘突起を持ち、体表から容易に観察したり触れることができるため隆椎とも呼ばれる。頸椎の中で最も運動が起こりやすいのは第一頸椎と第二頸椎の間であり、これを環軸関節と呼ぶ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 71717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57274476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:anatomographypartsid
  • FMA72063
prop-ja:meshname
  • Cervical+Vertebrae
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:グレイの解剖学
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:ラテン語
  • vertebrae cervicales
prop-ja:上位構造
prop-ja:名称
  • 頸椎
prop-ja:画像
  • Cervical vertebrae lateral2.png
  • Gray89.png
prop-ja:脚注
  • ヒト頸椎の位置(赤色で示す)。骨は7つあり、上から順に C1, C2, C3, C4, C5, C6, C7と略記される。
  • 第七頸椎 図上が前方。皿のような部分に椎間板(ついかんばん)が乗る。左右の小さな穴(横突孔)には椎骨静脈が通り動脈は通らない、中央の大きな穴には脊髄が走る。図下はいわゆる背骨のように見える棘突起。
prop-ja:英語
  • cervical vertebrae
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 頸椎(けいつい、cervical spine)は、椎骨の一部で、頭を支えるための骨である。ナマケモノなど一部の例外を除き、人間やキリンを含むほとんどの哺乳類の頸椎は七つの骨で構成されている。脊椎の中でも最も可動性が高く上下左右など様々な方向へ動かすことができる。第一頸椎から第七頸椎まで上から順にC1、C2、...、C7と略されることが多い。第一頸椎(C1)、第二頸椎(C2)は他の五つと比べ特徴的な形態をしており、それぞれ環椎(Atlas)、軸椎(Axis)とも呼ばれる。第三頸椎(C3)から第七頸椎(C7)までは似た形をしているが下にある椎体ほど大きく、特に第七頸椎は長く大きな棘突起を持ち、体表から容易に観察したり触れることができるため隆椎とも呼ばれる。頸椎の中で最も運動が起こりやすいのは第一頸椎と第二頸椎の間であり、これを環軸関節と呼ぶ。
rdfs:label
  • 頸椎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:origin of
is prop-ja:text of
is prop-ja:上位構造 of
is foaf:primaryTopic of