Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 預金(よきん、英: Deposit)とは、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などの預貯金取扱金融機関に金銭を消費寄託(同種同量のものの返還を約してする寄託、期限の定めがない場合にいつでも返還を請求できる点で消費貸借と異なる)すること、または、寄託された金銭のこと。法令上、取り扱う金融機関に応じて「貯金」という語との使い分けがなされるが、性質は同じである。寄託の態様によって、当座預金、普通預金、定期預金などの商品がある。日本では預金の金利には、(所得水準によらず)一律20%の税(所得税15%および地方税5%)が源泉徴収されている(源泉分離課税)。ただし、預金者が身体障害者など一部の条件を満たす個人の場合、少額貯蓄非課税制度(マル優)を利用することによって、元本350万円までの金利にかかる税(所得税・地方税)を、非課税にすることができる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 23587 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58819940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-11
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:領域
  • 日本
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 預金(よきん、英: Deposit)とは、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などの預貯金取扱金融機関に金銭を消費寄託(同種同量のものの返還を約してする寄託、期限の定めがない場合にいつでも返還を請求できる点で消費貸借と異なる)すること、または、寄託された金銭のこと。法令上、取り扱う金融機関に応じて「貯金」という語との使い分けがなされるが、性質は同じである。寄託の態様によって、当座預金、普通預金、定期預金などの商品がある。日本では預金の金利には、(所得水準によらず)一律20%の税(所得税15%および地方税5%)が源泉徴収されている(源泉分離課税)。ただし、預金者が身体障害者など一部の条件を満たす個人の場合、少額貯蓄非課税制度(マル優)を利用することによって、元本350万円までの金利にかかる税(所得税・地方税)を、非課税にすることができる。
rdfs:label
  • 預金
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:特記事項 of
is foaf:primaryTopic of