Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 須玖岡本遺跡(すぐおかもといせき)は、福岡県春日市岡本にある遺跡群。福岡平野に突き出している春日丘陵上の北側半分に位置する、周辺の南北2キロメートル、東西 1キロメートルの範囲の弥生時代中期から後期の大規模な遺跡群(墳丘墓、甕棺墓、青銅器鋳造跡の遺跡等)を統括して須玖岡本遺跡と呼ぶ。1986年(昭和61年)6月24日、国の史跡に指定された。この遺跡の中のD地点の遺跡(巨石下甕棺墓)(古名称は須玖岡本遺跡)は明治期に発見されたもで、今現在、遺物は散逸していて、正確な数値は不明である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2227940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56691995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 33.53808333333333 130.4505
rdf:type
rdfs:comment
  • 須玖岡本遺跡(すぐおかもといせき)は、福岡県春日市岡本にある遺跡群。福岡平野に突き出している春日丘陵上の北側半分に位置する、周辺の南北2キロメートル、東西 1キロメートルの範囲の弥生時代中期から後期の大規模な遺跡群(墳丘墓、甕棺墓、青銅器鋳造跡の遺跡等)を統括して須玖岡本遺跡と呼ぶ。1986年(昭和61年)6月24日、国の史跡に指定された。この遺跡の中のD地点の遺跡(巨石下甕棺墓)(古名称は須玖岡本遺跡)は明治期に発見されたもで、今現在、遺物は散逸していて、正確な数値は不明である。
rdfs:label
  • 須玖岡本遺跡
owl:sameAs
geo:lat
  • 33.538082 (xsd:float)
geo:long
  • 130.450500 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of