Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 音律(おんりつ)とは、一組のピッチクラスを与える周波数の関係の規定である。周波数の関係は比で表現されることが多いが、この比が数値として把握されることが必要条件ではない。これは「あるピッチがやや高め」というような規定の仕方もあり得ることを意味している。実践あるいは理論が依拠する音組織によって必要なピッチクラスは異なり、また音律の根拠も多様なので、これに応じて複数の音律が存在する。平均律 (Equal temperament) や、中全音律 (Meantone temperament) など、英語ではある種の音律に対して temperament という用語が使われる。しかし英語の音楽用語の temperament とは、純正音程に基づく音律で生じる破綻を避けるために、音程の大きさを純正音程からずらす調整を施した音律を指す用語である。したがって純正音程に基づく純正律やピタゴラス音律は temperament とは呼ばれない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 23977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 861 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59041369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 音律(おんりつ)とは、一組のピッチクラスを与える周波数の関係の規定である。周波数の関係は比で表現されることが多いが、この比が数値として把握されることが必要条件ではない。これは「あるピッチがやや高め」というような規定の仕方もあり得ることを意味している。実践あるいは理論が依拠する音組織によって必要なピッチクラスは異なり、また音律の根拠も多様なので、これに応じて複数の音律が存在する。平均律 (Equal temperament) や、中全音律 (Meantone temperament) など、英語ではある種の音律に対して temperament という用語が使われる。しかし英語の音楽用語の temperament とは、純正音程に基づく音律で生じる破綻を避けるために、音程の大きさを純正音程からずらす調整を施した音律を指す用語である。したがって純正音程に基づく純正律やピタゴラス音律は temperament とは呼ばれない。
rdfs:label
  • 音律
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of