Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 音便(おんびん)とは、日本語の歴史上において、発音の便宜によって語中・語末で起こった連音変化のことをいう。国語史・音韻論・形態論的に多様な現象を含んでいる。なお、本項では以下のような書き方にそって解説している。用例では、音便化を生じた音を太字で表した。 また後続音が濁音化した場合、あわせて太字とした。現代では使われない歴史上の例には † を、標準語では使われない方言上の例には ‡ を添えた。動詞などの活用の種類は必要に応じて 「標準的な現代文法上の活用種類名(古典文法上の活用種類名)」 の形で表現している。いわゆる音標文字を用いる場合、歴史上の唇音的なハ行音 [ɸ] は h として表記している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 401355 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59024525 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 音便(おんびん)とは、日本語の歴史上において、発音の便宜によって語中・語末で起こった連音変化のことをいう。国語史・音韻論・形態論的に多様な現象を含んでいる。なお、本項では以下のような書き方にそって解説している。用例では、音便化を生じた音を太字で表した。 また後続音が濁音化した場合、あわせて太字とした。現代では使われない歴史上の例には † を、標準語では使われない方言上の例には ‡ を添えた。動詞などの活用の種類は必要に応じて 「標準的な現代文法上の活用種類名(古典文法上の活用種類名)」 の形で表現している。いわゆる音標文字を用いる場合、歴史上の唇音的なハ行音 [ɸ] は h として表記している。
rdfs:label
  • 音便
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of