Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 韓屋(かんや、ハノク、한옥)は、伝統的な朝鮮の建築様式を使用した従来型の家屋の、大韓民国での呼び名である。これに対して現代の様式で立てられた家を洋屋 (ヤンオク) と呼ぶこともある。山を背にして、前は水と向き合うように南向きで建てるという、風水の「背山臨水」の原則が守られるのが通常であるが、建て主の四柱推命や職業、持病などにより、建築家が任意に調整することもある。また風の通り道や水の位置、山と平野との距離や方向、すなわち風水地理の理論に基づき、家の目的と居住者の性向により、配置がアレンジされて建てられることもある。寒い冬はオンドルで床を暖めてすごし、夏は板の間で涼しくすごすことができる。朝鮮の伝統的な建築様式は、いくつかの王朝の時代を経て変遷してきており、現在最も好まれるのは李氏朝鮮の様式が主であり、部分的に統一新羅時代の様式によることもある。韓屋という言葉が初出したのは、1907年に書かれた文書で、ソウルの敦義門から培材学堂に至る貞洞キル周辺を記録した略図にこの語が書かれている。当時は「住家」や「第宅」などのような用語が俗に使われており、韓屋という単語は特殊な状況で新たに登場した建築物をさす用語といった脈絡で用いられている。日本統治時代には、住宅の改良が論議されつつ「住家」という一般的名称が用いられたが、日本の文化住宅などと区別して「朝鮮住宅」などの表現が用いられた。韓国で韓屋という単語が辞書に載ったのは、1975年のセウリマル大辞典である。1970年代半ば以後、一般的に韓屋そのものは団地形住宅やアパートなどにおされ徐々に退潮したものの、朝鮮の伝統的な建築物を指す名称としての「韓屋」は公式に通用し始めた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2595289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58743959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 韓屋(かんや、ハノク、한옥)は、伝統的な朝鮮の建築様式を使用した従来型の家屋の、大韓民国での呼び名である。これに対して現代の様式で立てられた家を洋屋 (ヤンオク) と呼ぶこともある。山を背にして、前は水と向き合うように南向きで建てるという、風水の「背山臨水」の原則が守られるのが通常であるが、建て主の四柱推命や職業、持病などにより、建築家が任意に調整することもある。また風の通り道や水の位置、山と平野との距離や方向、すなわち風水地理の理論に基づき、家の目的と居住者の性向により、配置がアレンジされて建てられることもある。寒い冬はオンドルで床を暖めてすごし、夏は板の間で涼しくすごすことができる。朝鮮の伝統的な建築様式は、いくつかの王朝の時代を経て変遷してきており、現在最も好まれるのは李氏朝鮮の様式が主であり、部分的に統一新羅時代の様式によることもある。韓屋という言葉が初出したのは、1907年に書かれた文書で、ソウルの敦義門から培材学堂に至る貞洞キル周辺を記録した略図にこの語が書かれている。当時は「住家」や「第宅」などのような用語が俗に使われており、韓屋という単語は特殊な状況で新たに登場した建築物をさす用語といった脈絡で用いられている。日本統治時代には、住宅の改良が論議されつつ「住家」という一般的名称が用いられたが、日本の文化住宅などと区別して「朝鮮住宅」などの表現が用いられた。韓国で韓屋という単語が辞書に載ったのは、1975年のセウリマル大辞典である。1970年代半ば以後、一般的に韓屋そのものは団地形住宅やアパートなどにおされ徐々に退潮したものの、朝鮮の伝統的な建築物を指す名称としての「韓屋」は公式に通用し始めた。
rdfs:label
  • 韓屋
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of