靴(くつ)とは、足を包む形の履物の一種。 くるぶし(踝)が見える程度の丈のものを短靴といい、それよりも丈の長いものを長靴という。それぞれシューズ (shoes) とブーツ (boots)として分類されることもある。ただしアメリカでは、ブーツをシューズに含めることがある。その場合、短靴を特にローシューズ (low shoes) という。 また、室内で履かれるものは室内履きと呼ばれる。「靴」は文脈によっては、それ以外の屋外でも使われる外履き一般(日本語で言う「土足」)を意味することもある(例:ここで靴を脱いでください/靴のままお上がりください)。 日本では中世以降ほとんど「靴」という語が使われなかったため、現代では靴といえば西洋靴を意味することが多い。しかし日本の伝統的な靴もある。ただしその意味では履や沓と書いて区別することが通常。 かかと(踵)の部分が開放あるいはストラップのみのものはサンダルに分類され、さらに室内用のものであればスリッパに分類される。 靴は基本的に靴底を備えており、靴下、足袋のような、1枚布もしくはそれに似た構造のものは靴に含めない。地下足袋も、足袋の範疇に含め靴に含めないことが多い。 靴はそれ以外の履物に比べ覆う面が多いため、足を保護する効果が高い。他方、通気性や足の運動性は劣る。特に足指の運動がほとんどできないものが多い。

Property Value
dbo:abstract
  • 靴(くつ)とは、足を包む形の履物の一種。 くるぶし(踝)が見える程度の丈のものを短靴といい、それよりも丈の長いものを長靴という。それぞれシューズ (shoes) とブーツ (boots)として分類されることもある。ただしアメリカでは、ブーツをシューズに含めることがある。その場合、短靴を特にローシューズ (low shoes) という。 また、室内で履かれるものは室内履きと呼ばれる。「靴」は文脈によっては、それ以外の屋外でも使われる外履き一般(日本語で言う「土足」)を意味することもある(例:ここで靴を脱いでください/靴のままお上がりください)。 日本では中世以降ほとんど「靴」という語が使われなかったため、現代では靴といえば西洋靴を意味することが多い。しかし日本の伝統的な靴もある。ただしその意味では履や沓と書いて区別することが通常。 かかと(踵)の部分が開放あるいはストラップのみのものはサンダルに分類され、さらに室内用のものであればスリッパに分類される。 靴は基本的に靴底を備えており、靴下、足袋のような、1枚布もしくはそれに似た構造のものは靴に含めない。地下足袋も、足袋の範疇に含め靴に含めないことが多い。 靴はそれ以外の履物に比べ覆う面が多いため、足を保護する効果が高い。他方、通気性や足の運動性は劣る。特に足指の運動がほとんどできないものが多い。 なお、日本では家庭用品品質表示法の適用対象となっており、雑貨工業品品質表示規程に定めがある。 (ja)
  • 靴(くつ)とは、足を包む形の履物の一種。 くるぶし(踝)が見える程度の丈のものを短靴といい、それよりも丈の長いものを長靴という。それぞれシューズ (shoes) とブーツ (boots)として分類されることもある。ただしアメリカでは、ブーツをシューズに含めることがある。その場合、短靴を特にローシューズ (low shoes) という。 また、室内で履かれるものは室内履きと呼ばれる。「靴」は文脈によっては、それ以外の屋外でも使われる外履き一般(日本語で言う「土足」)を意味することもある(例:ここで靴を脱いでください/靴のままお上がりください)。 日本では中世以降ほとんど「靴」という語が使われなかったため、現代では靴といえば西洋靴を意味することが多い。しかし日本の伝統的な靴もある。ただしその意味では履や沓と書いて区別することが通常。 かかと(踵)の部分が開放あるいはストラップのみのものはサンダルに分類され、さらに室内用のものであればスリッパに分類される。 靴は基本的に靴底を備えており、靴下、足袋のような、1枚布もしくはそれに似た構造のものは靴に含めない。地下足袋も、足袋の範疇に含め靴に含めないことが多い。 靴はそれ以外の履物に比べ覆う面が多いため、足を保護する効果が高い。他方、通気性や足の運動性は劣る。特に足指の運動がほとんどできないものが多い。 なお、日本では家庭用品品質表示法の適用対象となっており、雑貨工業品品質表示規程に定めがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 64830 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 27552 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81397420 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --08-17
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 靴(くつ)とは、足を包む形の履物の一種。 くるぶし(踝)が見える程度の丈のものを短靴といい、それよりも丈の長いものを長靴という。それぞれシューズ (shoes) とブーツ (boots)として分類されることもある。ただしアメリカでは、ブーツをシューズに含めることがある。その場合、短靴を特にローシューズ (low shoes) という。 また、室内で履かれるものは室内履きと呼ばれる。「靴」は文脈によっては、それ以外の屋外でも使われる外履き一般(日本語で言う「土足」)を意味することもある(例:ここで靴を脱いでください/靴のままお上がりください)。 日本では中世以降ほとんど「靴」という語が使われなかったため、現代では靴といえば西洋靴を意味することが多い。しかし日本の伝統的な靴もある。ただしその意味では履や沓と書いて区別することが通常。 かかと(踵)の部分が開放あるいはストラップのみのものはサンダルに分類され、さらに室内用のものであればスリッパに分類される。 靴は基本的に靴底を備えており、靴下、足袋のような、1枚布もしくはそれに似た構造のものは靴に含めない。地下足袋も、足袋の範疇に含め靴に含めないことが多い。 靴はそれ以外の履物に比べ覆う面が多いため、足を保護する効果が高い。他方、通気性や足の運動性は劣る。特に足指の運動がほとんどできないものが多い。 (ja)
  • 靴(くつ)とは、足を包む形の履物の一種。 くるぶし(踝)が見える程度の丈のものを短靴といい、それよりも丈の長いものを長靴という。それぞれシューズ (shoes) とブーツ (boots)として分類されることもある。ただしアメリカでは、ブーツをシューズに含めることがある。その場合、短靴を特にローシューズ (low shoes) という。 また、室内で履かれるものは室内履きと呼ばれる。「靴」は文脈によっては、それ以外の屋外でも使われる外履き一般(日本語で言う「土足」)を意味することもある(例:ここで靴を脱いでください/靴のままお上がりください)。 日本では中世以降ほとんど「靴」という語が使われなかったため、現代では靴といえば西洋靴を意味することが多い。しかし日本の伝統的な靴もある。ただしその意味では履や沓と書いて区別することが通常。 かかと(踵)の部分が開放あるいはストラップのみのものはサンダルに分類され、さらに室内用のものであればスリッパに分類される。 靴は基本的に靴底を備えており、靴下、足袋のような、1枚布もしくはそれに似た構造のものは靴に含めない。地下足袋も、足袋の範疇に含め靴に含めないことが多い。 靴はそれ以外の履物に比べ覆う面が多いため、足を保護する効果が高い。他方、通気性や足の運動性は劣る。特に足指の運動がほとんどできないものが多い。 (ja)
rdfs:label
  • (ja)
  • (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:product of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:products of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:趣味 of
is foaf:primaryTopic of