Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 非バルビツール酸系(non-barbiturates)とは、バルビツール酸系の致死性や依存性に代わって登場したトランキライザー(精神安定剤)の一群の総称である。依存や乱用や催奇性の副作用が問題となり、販売中止となっているものが多い。後に同じような用途では、ベンゾジアゼピン系の薬が用いられるようになった。一般的には、メプロバメート(アトラキシン)、サリドマイド(イソミン)、メタカロン(ハイミナール)といった1950年代以降に合成された物質が中心となる。バルビツール酸系以前のブロムワレリル尿素もここに含まれる。1961年には、睡眠薬遊びと呼ばれる睡眠薬の乱用が問題になり未成年への販売規制がはじまった。この乱用において、睡眠薬の作用で「らりるれろ」の発音が悪くなることから、「ラリる」という言葉が生まれた。メプロバメートの売れ行きをみてスターンバックが似たような薬を開発し、これは後にベンゾジアゼピン系の薬となる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2933811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3518 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57275687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 非バルビツール酸系(non-barbiturates)とは、バルビツール酸系の致死性や依存性に代わって登場したトランキライザー(精神安定剤)の一群の総称である。依存や乱用や催奇性の副作用が問題となり、販売中止となっているものが多い。後に同じような用途では、ベンゾジアゼピン系の薬が用いられるようになった。一般的には、メプロバメート(アトラキシン)、サリドマイド(イソミン)、メタカロン(ハイミナール)といった1950年代以降に合成された物質が中心となる。バルビツール酸系以前のブロムワレリル尿素もここに含まれる。1961年には、睡眠薬遊びと呼ばれる睡眠薬の乱用が問題になり未成年への販売規制がはじまった。この乱用において、睡眠薬の作用で「らりるれろ」の発音が悪くなることから、「ラリる」という言葉が生まれた。メプロバメートの売れ行きをみてスターンバックが似たような薬を開発し、これは後にベンゾジアゼピン系の薬となる。
rdfs:label
  • 非バルビツール酸系
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of