Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 青年団(せいねんだん)は、日本の劇団。1983年、劇作家・演出家の平田オリザを中心に旗揚げされた以降、現代口語演劇理論に則った活動を進め、90年代以降の日本演劇界に大きな影響を与える。公演では、ワークショップを精力的に開催しており、観客との交流の深い劇団の一つである。平田オリザが支配人を務めるこまばアゴラ劇場を中心に公演を展開。また、韓国などを中心に外国での公演活動や、外国の劇団との交流も積極的に行っている。近代日本の歴史を今と重ね合わせて問う作品を生み続けており、特に植民地・京城(今のソウル)に住む普通の日本人一家を通して、「同化型植民地支配」の本質を浮き彫りにした「ソウル市民」三部作は、高い評価を得ている。また、2002年度からは、青年団に所属する劇作家・俳優などがユニットを形成し、そこで独自の公演を行う企画として、「青年団リンク」を立ち上げる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 497518 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55459196 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 青年団(せいねんだん)は、日本の劇団。1983年、劇作家・演出家の平田オリザを中心に旗揚げされた以降、現代口語演劇理論に則った活動を進め、90年代以降の日本演劇界に大きな影響を与える。公演では、ワークショップを精力的に開催しており、観客との交流の深い劇団の一つである。平田オリザが支配人を務めるこまばアゴラ劇場を中心に公演を展開。また、韓国などを中心に外国での公演活動や、外国の劇団との交流も積極的に行っている。近代日本の歴史を今と重ね合わせて問う作品を生み続けており、特に植民地・京城(今のソウル)に住む普通の日本人一家を通して、「同化型植民地支配」の本質を浮き彫りにした「ソウル市民」三部作は、高い評価を得ている。また、2002年度からは、青年団に所属する劇作家・俳優などがユニットを形成し、そこで独自の公演を行う企画として、「青年団リンク」を立ち上げる。
rdfs:label
  • 青年団 (劇団)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:所属劇団 of
is prop-ja:活動内容 of
is foaf:primaryTopic of