Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 青年ヘーゲル派(せいねんヘーゲルは、独:Junghegelianer)とは、1831年にドイツ観念論の哲学者 ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルが亡くなった後、彼の哲学の流れを汲んで、哲学を展開したグループの一つ。 ヘーゲルの哲学に対し、政治・宗教的に急進的な考え方を持ち合わせていたことから、ヘーゲル左派(独:Linkshegelianer)という名称も持つ。 以下にも記述するように、ヘーゲル学派にはいくつかの派があったが、その生産的な姿勢から主導的な立場となったグループである。ヘーゲル学派(独:hegelianer)には、他にヘーゲルの哲学に忠実に従い、解釈につとめた老ヘーゲル派(独:Althegelianer)あるいはヘーゲル右派(独:Rechtshegelianer)と呼ばれた学派と、右派と左派との中間に立っていた中央派(独:das Zentrum)とがある。 ヘーゲルの死後、青年ヘーゲル派の哲学者 ダーフィト・シュトラウスの著『イエスの生涯(あるいはイエス伝)』(独:Das Leben Jesu、1835年)をきっかけに、宗教論のあり方についてヘーゲル学派が分裂したことから始まった。 本項目では、特別な場合を除いて「ヘーゲル左派」という表現は用いず、他言語版に倣って、「青年ヘーゲル派」という名称で示すものとする。 なお、ヘーゲル学派の区分は時代、研究者によって若干の違いがあり、その点も留意したい。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 137784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59197819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 青年ヘーゲル派(せいねんヘーゲルは、独:Junghegelianer)とは、1831年にドイツ観念論の哲学者 ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルが亡くなった後、彼の哲学の流れを汲んで、哲学を展開したグループの一つ。 ヘーゲルの哲学に対し、政治・宗教的に急進的な考え方を持ち合わせていたことから、ヘーゲル左派(独:Linkshegelianer)という名称も持つ。 以下にも記述するように、ヘーゲル学派にはいくつかの派があったが、その生産的な姿勢から主導的な立場となったグループである。ヘーゲル学派(独:hegelianer)には、他にヘーゲルの哲学に忠実に従い、解釈につとめた老ヘーゲル派(独:Althegelianer)あるいはヘーゲル右派(独:Rechtshegelianer)と呼ばれた学派と、右派と左派との中間に立っていた中央派(独:das Zentrum)とがある。 ヘーゲルの死後、青年ヘーゲル派の哲学者 ダーフィト・シュトラウスの著『イエスの生涯(あるいはイエス伝)』(独:Das Leben Jesu、1835年)をきっかけに、宗教論のあり方についてヘーゲル学派が分裂したことから始まった。 本項目では、特別な場合を除いて「ヘーゲル左派」という表現は用いず、他言語版に倣って、「青年ヘーゲル派」という名称で示すものとする。 なお、ヘーゲル学派の区分は時代、研究者によって若干の違いがあり、その点も留意したい。
rdfs:label
  • 青年ヘーゲル派
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:philosophicalSchool of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:schoolTradition of
is foaf:primaryTopic of