Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 震央(Epicenter)は、地震または地下の爆発が発生した地点である震源の真上に当たる地表の点である。英語のEpicenterは、古代ギリシア語で「上」を意味するἐπί (epi)と「中央」を意味するκέντρον (kentron)に由来する形容詞ἐπίκεντρος (epikentros)をラテン語化した新ラテン語の名詞epicentrumを語源に持つ。地震の場合、震央は断層が破壊し始めた地点の真上であり、多くの場合には最も被害が大きい。しかし、巨大地震では断層破壊距離が長く、被害は破壊域に沿って広がる。例えば、2002年にアラスカ州で起こったマグニチュード7.9の地震の場合、震央は破壊域の西端であったが、最も被害が大きかったのは、破壊域の東端から330km離れた地点であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 55514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49759070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 震央(Epicenter)は、地震または地下の爆発が発生した地点である震源の真上に当たる地表の点である。英語のEpicenterは、古代ギリシア語で「上」を意味するἐπί (epi)と「中央」を意味するκέντρον (kentron)に由来する形容詞ἐπίκεντρος (epikentros)をラテン語化した新ラテン語の名詞epicentrumを語源に持つ。地震の場合、震央は断層が破壊し始めた地点の真上であり、多くの場合には最も被害が大きい。しかし、巨大地震では断層破壊距離が長く、被害は破壊域に沿って広がる。例えば、2002年にアラスカ州で起こったマグニチュード7.9の地震の場合、震央は破壊域の西端であったが、最も被害が大きかったのは、破壊域の東端から330km離れた地点であった。
rdfs:label
  • 震央
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of