電球(でんきゅう、英語: electric light bulb)とは、ガラスの球殻内のフィラメント(や他の発光素子)に電流を流して発光させる、電気による光源(ランプ)である。 ガラスの球殻内には不活性ガスが封入されたり、あるいは真空状態にしてある。それによって空気(特に酸素)を排除して、フィラメントが短時間で燃え尽きてしまうことを避けたり、(電球の種類によっては)アーク放電に必要なガスを保つのである。 形は「まるみ」を帯びた形になっていることが一般的であり、その理由は球殻内部を大気圧より低圧にすることが一般的なので、それによってかかる力に耐えるのに有利なのでそうしているのである。製造上の都合から、口金を設けるために一端が伸びた球形をしているものが多いが、長球形、円筒形、円錐形など、さまざまな形のものがある。球形でなくても、区別せず「電球」と呼ばれる。 電球はさまざまなタイプが開発・普及した歴史があるが、白熱電球はその代表格とされることが多い。 電球は蛍光灯と対比して語られることが多い。蛍光灯は、通常は電球に含めないが、ガラスが球形の代わりに管形である以外は、電球と共通点が多く、英語圏では通常、bulbに含められる(fluorescent bulb)他、日本電球工業会は蛍光灯も扱っている。

Property Value
dbo:abstract
  • 電球(でんきゅう、英語: electric light bulb)とは、ガラスの球殻内のフィラメント(や他の発光素子)に電流を流して発光させる、電気による光源(ランプ)である。 ガラスの球殻内には不活性ガスが封入されたり、あるいは真空状態にしてある。それによって空気(特に酸素)を排除して、フィラメントが短時間で燃え尽きてしまうことを避けたり、(電球の種類によっては)アーク放電に必要なガスを保つのである。 形は「まるみ」を帯びた形になっていることが一般的であり、その理由は球殻内部を大気圧より低圧にすることが一般的なので、それによってかかる力に耐えるのに有利なのでそうしているのである。製造上の都合から、口金を設けるために一端が伸びた球形をしているものが多いが、長球形、円筒形、円錐形など、さまざまな形のものがある。球形でなくても、区別せず「電球」と呼ばれる。 電球はさまざまなタイプが開発・普及した歴史があるが、白熱電球はその代表格とされることが多い。 電球は蛍光灯と対比して語られることが多い。蛍光灯は、通常は電球に含めないが、ガラスが球形の代わりに管形である以外は、電球と共通点が多く、英語圏では通常、bulbに含められる(fluorescent bulb)他、日本電球工業会は蛍光灯も扱っている。 1990年代に、より効率の良い「LED電球」が発明されてから、古くから使われてきた白熱電球は、LED電球に置き換えられつつある。 (ja)
  • 電球(でんきゅう、英語: electric light bulb)とは、ガラスの球殻内のフィラメント(や他の発光素子)に電流を流して発光させる、電気による光源(ランプ)である。 ガラスの球殻内には不活性ガスが封入されたり、あるいは真空状態にしてある。それによって空気(特に酸素)を排除して、フィラメントが短時間で燃え尽きてしまうことを避けたり、(電球の種類によっては)アーク放電に必要なガスを保つのである。 形は「まるみ」を帯びた形になっていることが一般的であり、その理由は球殻内部を大気圧より低圧にすることが一般的なので、それによってかかる力に耐えるのに有利なのでそうしているのである。製造上の都合から、口金を設けるために一端が伸びた球形をしているものが多いが、長球形、円筒形、円錐形など、さまざまな形のものがある。球形でなくても、区別せず「電球」と呼ばれる。 電球はさまざまなタイプが開発・普及した歴史があるが、白熱電球はその代表格とされることが多い。 電球は蛍光灯と対比して語られることが多い。蛍光灯は、通常は電球に含めないが、ガラスが球形の代わりに管形である以外は、電球と共通点が多く、英語圏では通常、bulbに含められる(fluorescent bulb)他、日本電球工業会は蛍光灯も扱っている。 1990年代に、より効率の良い「LED電球」が発明されてから、古くから使われてきた白熱電球は、LED電球に置き換えられつつある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 22497 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4632 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80103193 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 電球(でんきゅう、英語: electric light bulb)とは、ガラスの球殻内のフィラメント(や他の発光素子)に電流を流して発光させる、電気による光源(ランプ)である。 ガラスの球殻内には不活性ガスが封入されたり、あるいは真空状態にしてある。それによって空気(特に酸素)を排除して、フィラメントが短時間で燃え尽きてしまうことを避けたり、(電球の種類によっては)アーク放電に必要なガスを保つのである。 形は「まるみ」を帯びた形になっていることが一般的であり、その理由は球殻内部を大気圧より低圧にすることが一般的なので、それによってかかる力に耐えるのに有利なのでそうしているのである。製造上の都合から、口金を設けるために一端が伸びた球形をしているものが多いが、長球形、円筒形、円錐形など、さまざまな形のものがある。球形でなくても、区別せず「電球」と呼ばれる。 電球はさまざまなタイプが開発・普及した歴史があるが、白熱電球はその代表格とされることが多い。 電球は蛍光灯と対比して語られることが多い。蛍光灯は、通常は電球に含めないが、ガラスが球形の代わりに管形である以外は、電球と共通点が多く、英語圏では通常、bulbに含められる(fluorescent bulb)他、日本電球工業会は蛍光灯も扱っている。 (ja)
  • 電球(でんきゅう、英語: electric light bulb)とは、ガラスの球殻内のフィラメント(や他の発光素子)に電流を流して発光させる、電気による光源(ランプ)である。 ガラスの球殻内には不活性ガスが封入されたり、あるいは真空状態にしてある。それによって空気(特に酸素)を排除して、フィラメントが短時間で燃え尽きてしまうことを避けたり、(電球の種類によっては)アーク放電に必要なガスを保つのである。 形は「まるみ」を帯びた形になっていることが一般的であり、その理由は球殻内部を大気圧より低圧にすることが一般的なので、それによってかかる力に耐えるのに有利なのでそうしているのである。製造上の都合から、口金を設けるために一端が伸びた球形をしているものが多いが、長球形、円筒形、円錐形など、さまざまな形のものがある。球形でなくても、区別せず「電球」と呼ばれる。 電球はさまざまなタイプが開発・普及した歴史があるが、白熱電球はその代表格とされることが多い。 電球は蛍光灯と対比して語られることが多い。蛍光灯は、通常は電球に含めないが、ガラスが球形の代わりに管形である以外は、電球と共通点が多く、英語圏では通常、bulbに含められる(fluorescent bulb)他、日本電球工業会は蛍光灯も扱っている。 (ja)
rdfs:label
  • 電球 (ja)
  • 電球 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of