Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 電波塔(でんぱとう)とは電波を送信する塔のことで、送信所の設備のひとつであり、アンテナを保持する構造物である。電波干渉や建造物による電波の遮断を避けるため周囲の建造物よりも高く建てられる。複数の事業者の電波を送信する塔のことを、集約電波塔(しゅうやく-)という。一般にテレビジョン放送の電波を送信する電波塔をテレビ塔、ラジオ放送の電波を送信する電波塔をラジオ塔ともいう(ラジオ塔という名については、かつてラジオが一般に普及する前、全国各地の屋外に設置された、公衆が聴取することを目的とした受信機を納めた塔のこともそう言った(街頭テレビのラジオ版の街頭ラジオのこと))。電波塔の周囲はアンテナの至近で電界強度が非常に強いため、混信などの電波障害が起こることがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 585272 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1815 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58825221 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 電波塔(でんぱとう)とは電波を送信する塔のことで、送信所の設備のひとつであり、アンテナを保持する構造物である。電波干渉や建造物による電波の遮断を避けるため周囲の建造物よりも高く建てられる。複数の事業者の電波を送信する塔のことを、集約電波塔(しゅうやく-)という。一般にテレビジョン放送の電波を送信する電波塔をテレビ塔、ラジオ放送の電波を送信する電波塔をラジオ塔ともいう(ラジオ塔という名については、かつてラジオが一般に普及する前、全国各地の屋外に設置された、公衆が聴取することを目的とした受信機を納めた塔のこともそう言った(街頭テレビのラジオ版の街頭ラジオのこと))。電波塔の周囲はアンテナの至近で電界強度が非常に強いため、混信などの電波障害が起こることがある。
rdfs:label
  • 電波塔
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:用途 of
is foaf:primaryTopic of