Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 電気通信(でんきつうしん)とは、モールス信号をはじめ、電気的に映像、音声、文字などの信号を伝える通信である。電気通信事業法は、「有線、無線その他の電磁的方式により、符号、音響又は影像を送り、伝え又は受けること」と定義している。また、放送は公衆に向けた通信の送信とされ、電気通信の部分集合であるが、しばしば並立するものとして言及される。 例:「通信衛星と放送衛星」「通信事業者と放送事業者」「通信と放送の融合」有線通信・無線通信という区分があるが、現在の通信ネットワークは有線・無線を適材適所に組み合わせて構築される。英語ではテレコミュニケーション (telecommunication) と呼ぶが、この場合は電気に限らず、通信の目的で遠隔地に信号を伝送すること全般を指す。かつては、狼煙、トーキングドラム、腕木通信、手旗信号、回光通信機などが使われた。現代においては電気通信が主流であり、電話機、テレビ、ラジオ、コンピュータといった機器を使用する。電気通信分野の初期の発明者としては、アレクサンダー・グラハム・ベル、グリエルモ・マルコーニ、ジョン・ロジー・ベアードらが挙げられる。電気通信は世界経済の重要な部分となっており、2006年の全世界の電気通信業界の収入は1兆2千億ドルと見積もられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58384127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 電気通信(でんきつうしん)とは、モールス信号をはじめ、電気的に映像、音声、文字などの信号を伝える通信である。電気通信事業法は、「有線、無線その他の電磁的方式により、符号、音響又は影像を送り、伝え又は受けること」と定義している。また、放送は公衆に向けた通信の送信とされ、電気通信の部分集合であるが、しばしば並立するものとして言及される。 例:「通信衛星と放送衛星」「通信事業者と放送事業者」「通信と放送の融合」有線通信・無線通信という区分があるが、現在の通信ネットワークは有線・無線を適材適所に組み合わせて構築される。英語ではテレコミュニケーション (telecommunication) と呼ぶが、この場合は電気に限らず、通信の目的で遠隔地に信号を伝送すること全般を指す。かつては、狼煙、トーキングドラム、腕木通信、手旗信号、回光通信機などが使われた。現代においては電気通信が主流であり、電話機、テレビ、ラジオ、コンピュータといった機器を使用する。電気通信分野の初期の発明者としては、アレクサンダー・グラハム・ベル、グリエルモ・マルコーニ、ジョン・ロジー・ベアードらが挙げられる。電気通信は世界経済の重要な部分となっており、2006年の全世界の電気通信業界の収入は1兆2千億ドルと見積もられている。
rdfs:label
  • 電気通信
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:category of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:industry of
is prop-ja:products of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:出身校 of
is prop-ja:業種 of
is foaf:primaryTopic of