Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 電気素量 (でんきそりょう、英: elementary charge)は、電気量の単位となる物理定数である。陽子あるいは陽電子1個の電荷に等しく、電子の電荷の符号を変えた量に等しい。素電荷(そでんか)、電荷素量とも呼ばれる。一般に記号 e で表される。原子核物理学や化学では粒子の電荷を表すために用いられる。現在ではクォークの発見により、素電荷の1/3を単位とする粒子も存在するが、クォークの閉じ込めにより単独で取り出すことはできず、素電荷が電気量の最小単位である。素粒子物理学では、電磁相互作用のゲージ結合定数であり、相互作用の大きさを表す指標である。SIにおける電気素量の値はである。SIとは異なる構成のガウス単位系(単位: esu)での値はである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 13415 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3018 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58987127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:不確かさ
  • 6.100000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 電気素量 (でんきそりょう、英: elementary charge)は、電気量の単位となる物理定数である。陽子あるいは陽電子1個の電荷に等しく、電子の電荷の符号を変えた量に等しい。素電荷(そでんか)、電荷素量とも呼ばれる。一般に記号 e で表される。原子核物理学や化学では粒子の電荷を表すために用いられる。現在ではクォークの発見により、素電荷の1/3を単位とする粒子も存在するが、クォークの閉じ込めにより単独で取り出すことはできず、素電荷が電気量の最小単位である。素粒子物理学では、電磁相互作用のゲージ結合定数であり、相互作用の大きさを表す指標である。SIにおける電気素量の値はである。SIとは異なる構成のガウス単位系(単位: esu)での値はである。
rdfs:label
  • 電気素量
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原子 of
is prop-ja:定義 of
is foaf:primaryTopic of