Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 電子戦(でんしせん、英: Electronic Warfare, EW)は、電磁波にまつわる軍事活動を意味する。電子戦とは、敵による電磁周波数帯域の利用状況を検知、分析した上で妨害や逆用する活動と自軍の電磁波の円滑な利用を確保するための活動を総称する。現代型の戦争ではレーダーと無線通信が重要になってきており、各国の軍隊では電磁波をうまく利用することで戦闘を優位に進めようと、最新の電波に関わる軍事技術が開発され、火薬に代表される物理的兵器に代わって電子機器を利用した兵器が新兵器の主体を占めるようになっている。電子戦は物理学的な電磁波の原理に支配されている。また近年では、敵防空網制圧(SEAD)作戦、対指揮・統制戦(Command, Control and Communication Counter Measures, C3CM)を含めて電子戦闘(Electric Combat, EC)と称することもある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 735138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48455288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 電子戦(でんしせん、英: Electronic Warfare, EW)は、電磁波にまつわる軍事活動を意味する。電子戦とは、敵による電磁周波数帯域の利用状況を検知、分析した上で妨害や逆用する活動と自軍の電磁波の円滑な利用を確保するための活動を総称する。現代型の戦争ではレーダーと無線通信が重要になってきており、各国の軍隊では電磁波をうまく利用することで戦闘を優位に進めようと、最新の電波に関わる軍事技術が開発され、火薬に代表される物理的兵器に代わって電子機器を利用した兵器が新兵器の主体を占めるようになっている。電子戦は物理学的な電磁波の原理に支配されている。また近年では、敵防空網制圧(SEAD)作戦、対指揮・統制戦(Command, Control and Communication Counter Measures, C3CM)を含めて電子戦闘(Electric Combat, EC)と称することもある。
rdfs:label
  • 電子戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:type of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:role of
is prop-ja:兵種 of
is prop-ja:用途 of
is prop-ja:電子戦 of
is foaf:primaryTopic of