Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 雨(あめ)とは、大気から水の滴が落下する現象で、降水現象および天気の一種。また、落下する水滴そのもの(雨粒)のこと。大気に含まれる水蒸気が源であり、冷却されて凝結した微小な水滴が雲を形成、雲の中で水滴が成長し、やがて重力により落下してくるものである。ただし、成長の過程で一旦凍結し氷晶を経て再び融解するものもある。地球上の水循環を構成する最大の淡水供給源で、生態系に多岐にわたり関与するほか、農業や水力発電などを通して人類の生活にも関与している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 16194 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57294038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:commons
  • Rain
prop-ja:commonscat
  • Rain
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:description
  • 雨音のサンプル
prop-ja:filename
  • Rain.ogg
prop-ja:format
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • Rain
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikiquote
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 雨(あめ)とは、大気から水の滴が落下する現象で、降水現象および天気の一種。また、落下する水滴そのもの(雨粒)のこと。大気に含まれる水蒸気が源であり、冷却されて凝結した微小な水滴が雲を形成、雲の中で水滴が成長し、やがて重力により落下してくるものである。ただし、成長の過程で一旦凍結し氷晶を経て再び融解するものもある。地球上の水循環を構成する最大の淡水供給源で、生態系に多岐にわたり関与するほか、農業や水力発電などを通して人類の生活にも関与している。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:概要 of
is foaf:primaryTopic of