Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 離線(りせん)とは、鉄道車両の集電装置が架線や第三軌条などから離れること。地上側では、架線の張力が弱い、またはばらつきがある場合、車両側では、速度が高い、集電装置の剛性が低い、重量が大きいなどで集電子の追従性が悪い場合に離線が多くなる。剛体架線や第三軌条のように柔軟性の無い場合も、列車の速度が上がるにつれ離線が増える。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 500235 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56729322 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 離線(りせん)とは、鉄道車両の集電装置が架線や第三軌条などから離れること。地上側では、架線の張力が弱い、またはばらつきがある場合、車両側では、速度が高い、集電装置の剛性が低い、重量が大きいなどで集電子の追従性が悪い場合に離線が多くなる。剛体架線や第三軌条のように柔軟性の無い場合も、列車の速度が上がるにつれ離線が増える。
rdfs:label
  • 離線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of