Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数値解析、計算物理学およびシミュレーションで、離散化誤差(英:Discretization error)あるいは切り捨て誤差(英:Truncation error)は、連続変数の関数をコンピューターで有限個数(たとえば格子モデル上)の計算で表現することに起因する誤差。一般的に、格子の間隔を狭くすることなどによって離散化誤差を減らすことができるが、計算量は増加する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2622005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53597194 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数値解析、計算物理学およびシミュレーションで、離散化誤差(英:Discretization error)あるいは切り捨て誤差(英:Truncation error)は、連続変数の関数をコンピューターで有限個数(たとえば格子モデル上)の計算で表現することに起因する誤差。一般的に、格子の間隔を狭くすることなどによって離散化誤差を減らすことができるが、計算量は増加する。
rdfs:label
  • 離散化誤差
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of