Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 陸軍航空隊(りくぐんこうくうたい)とは、陸軍において航空機を運用する部隊(航空隊・航空部隊)の総称。陸軍航空部隊、陸軍航空軍、陸空軍、陸軍航空とも。飛行機、そして軍事航空の草創期である20世紀の初頭においては陸軍・海軍それぞれが航空部隊の整備を進めたが、陸軍航空隊に関しては第一次世界大戦期・戦間期・第二次世界大戦直後にかけ空軍として分離独立することが一般的となり、地上部隊と密接に協同(直協)する飛行部隊や機材のみが陸軍に残った(または空軍とは別に改めて陸軍航空隊として設立された)。そのため空軍とは区別され、現代では一般的にヘリコプターと支援用の軽固定翼機を装備する。過去には、米陸軍における軽攻撃機装備計画(G.91を参照)など機構変化の試みが見られたものの、現在では固定翼機による空爆や攻撃は前線航空管制などを介して空軍に一任する事が一般的となっている。また、重輸送任務も空軍が請け負っている。ただし、現在の陸軍航空隊では必ずしも万全の体制とは言い難く、米陸軍では独自の戦術輸送手段として、(米空軍も運用している)C-27Jを導入するなど変化の模索は続いている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1850620 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57461058 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:image
  • Islander - RIAT 2008 .jpg
  • Tarin Kowt Airfield in 2013.jpg
  • Two German Eurocopter Tiger attack helicopters.jpg
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 陸軍航空隊(りくぐんこうくうたい)とは、陸軍において航空機を運用する部隊(航空隊・航空部隊)の総称。陸軍航空部隊、陸軍航空軍、陸空軍、陸軍航空とも。飛行機、そして軍事航空の草創期である20世紀の初頭においては陸軍・海軍それぞれが航空部隊の整備を進めたが、陸軍航空隊に関しては第一次世界大戦期・戦間期・第二次世界大戦直後にかけ空軍として分離独立することが一般的となり、地上部隊と密接に協同(直協)する飛行部隊や機材のみが陸軍に残った(または空軍とは別に改めて陸軍航空隊として設立された)。そのため空軍とは区別され、現代では一般的にヘリコプターと支援用の軽固定翼機を装備する。過去には、米陸軍における軽攻撃機装備計画(G.91を参照)など機構変化の試みが見られたものの、現在では固定翼機による空爆や攻撃は前線航空管制などを介して空軍に一任する事が一般的となっている。また、重輸送任務も空軍が請け負っている。ただし、現在の陸軍航空隊では必ずしも万全の体制とは言い難く、米陸軍では独自の戦術輸送手段として、(米空軍も運用している)C-27Jを導入するなど変化の模索は続いている。
rdfs:label
  • 陸軍航空隊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兵種 of
is foaf:primaryTopic of