Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 陶 鶴寿丸(すえ つるじゅまる、天文20年(1551年)- 弘治3年4月3日(1557年5月1日))は、戦国時代の人物。天文20年(1551年)に生まれる。陶隆房(晴賢)の末子とも、その嫡男・長房の長男とも言われている(年齢的に考えれば、晴賢の息子である可能性が高い)。大内義長に近侍していたが、弘治3年(1557年)の防長経略で、義長が毛利元就に攻められて長門国長福院で自害した際、そばにいた幼児である彼も義長に殉じる形で殺された。享年7。鶴寿丸を殺害したのは陶の家臣・野上房忠(のがみ ふさただ)であるが、房忠も鶴寿丸殺害後に自害している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1467122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49112418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 陶 鶴寿丸(すえ つるじゅまる、天文20年(1551年)- 弘治3年4月3日(1557年5月1日))は、戦国時代の人物。天文20年(1551年)に生まれる。陶隆房(晴賢)の末子とも、その嫡男・長房の長男とも言われている(年齢的に考えれば、晴賢の息子である可能性が高い)。大内義長に近侍していたが、弘治3年(1557年)の防長経略で、義長が毛利元就に攻められて長門国長福院で自害した際、そばにいた幼児である彼も義長に殉じる形で殺された。享年7。鶴寿丸を殺害したのは陶の家臣・野上房忠(のがみ ふさただ)であるが、房忠も鶴寿丸殺害後に自害している。
rdfs:label
  • 陶鶴寿丸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of