Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1970年代以前の数学において "umbral calculus"(陰影の算法、陰計算(いんけいさん))は、ある種の「証明」に用いられるある種の暗喩的手法と、それとは一見して無関係のはずの多項式方程式との間に横たわる驚くべき関係についていうものであった。これらの手法は John Blissard (1861) で導入されたもので、ブリザードの記号法 (Blissard's symbolic method) と呼ばれることもある。理論の展開には、この手法を広く用いたリュカ(やシルヴェスター)の貢献もある。1930-40年代にエリック・テンプル・ベルは umbral calculus に厳格な足場を築くことを試みた。1970年代に、スティーヴン・ローマン、ジャン・カルロ・ロタらは、多項式からなる空間上の線型汎函数を用いて umbral calculus を展開した。現在においては、umbral calculus とは(二項型およびアペル多項式列を含む)シェファー列の研究を指す言葉になっているが、それらもまた対応する系統的な(和分)差分学周辺の手法に包摂される。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3258856 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7045 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56986018 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:authorlink
  • John Blissard
prop-ja:first
  • John
  • S.
prop-ja:id
  • U/u095050
prop-ja:last
  • Roman
  • Blissard
prop-ja:title
  • Umbral Calculus
  • Umbral calculus
prop-ja:urlname
  • UmbralCalculus
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1861 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1970年代以前の数学において "umbral calculus"(陰影の算法、陰計算(いんけいさん))は、ある種の「証明」に用いられるある種の暗喩的手法と、それとは一見して無関係のはずの多項式方程式との間に横たわる驚くべき関係についていうものであった。これらの手法は John Blissard (1861) で導入されたもので、ブリザードの記号法 (Blissard's symbolic method) と呼ばれることもある。理論の展開には、この手法を広く用いたリュカ(やシルヴェスター)の貢献もある。1930-40年代にエリック・テンプル・ベルは umbral calculus に厳格な足場を築くことを試みた。1970年代に、スティーヴン・ローマン、ジャン・カルロ・ロタらは、多項式からなる空間上の線型汎函数を用いて umbral calculus を展開した。現在においては、umbral calculus とは(二項型およびアペル多項式列を含む)シェファー列の研究を指す言葉になっているが、それらもまた対応する系統的な(和分)差分学周辺の手法に包摂される。
rdfs:label
  • 陰計算
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of