Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『陰の季節』(かげのきせつ)は、横山秀夫による日本の短編推理小説。第5回松本清張賞受賞作、第120回直木三十五賞候補作。2000年から2004年にかけてテレビドラマ化された。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 247 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 335898 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59160829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:date
  • 2016-02-26 (xsd:date)
prop-ja:genre
prop-ja:id
  • ISBN 4167659018
  • ISBN 978-4167659011
prop-ja:id2type
  • 文庫本
prop-ja:language
prop-ja:pages
  • 247 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:publisher
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 陰の季節
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:企画
prop-ja:備考
  • 監督
  • 脚本
  • 17.3
  • 視聴率
  • 15.2
  • 15.0
  • 14.2
  • 16.3
  • 18.5
  • 中山史郎
  • 安井国穂
  • 浅野有生子
  • 真船禎
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考2のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考3のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:出演者
prop-ja:制作局
prop-ja:副題
  • 原作:『陰の季節』より「陰の季節」
  • 原作:『動機』より「動機」、『陰の季節』より「黒い線」
  • 原作
  • 原作:「刑事の勲章」「警告」
  • 原作:「清算」
  • 原作:『看守眼』より「看守眼」
  • 原作:『陰の季節』より「地の声」
  • 原作:『陰の季節』より「鞄」
prop-ja:原作
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 月曜名作劇場
prop-ja:放送分
  • 114 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 2 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:放送日
  • --01-29
  • --03-17
  • --05-01
  • --09-15
  • --10-28
  • --11-29
  • --12-24
prop-ja:放送時間
  • 月曜21:00 - 22:54
prop-ja:放送期間
  • --04-18
  • --05-01
prop-ja:放送枠
  • 月曜ミステリー劇場
  • 月曜名作劇場
prop-ja:概要
  • 人事異動の内示発表の5日前、3年前に民間企業に天下りしていた尾坂部道夫が、“3年で辞める”という暗黙の掟を破り、「辞めない」と言い出す。人事担当の調査官・二渡がその理由を調べ始めると、結婚間近の尾坂部の娘・恵が5年前に被害に遭い、被疑者死亡というわだかまりが残ったまま終わった暴行事件にけりをつけようとしていることを突き止める。
  • 警視昇任を控えた浜浦署の万年警部の曾根がパブのママと不倫をしている、という密告書が警務課に届く。大きな手柄を立てたこともなく、警察官としての経歴もイマイチの曾根は部下からの評判も芳しくなかった。密告者は一体誰なのか、二渡は浜浦署の刑事で元公安課の柳刑事に極秘に調査を依頼する。
  • 冤罪を訴えていた被疑者・柴崎が留置場で自殺を図り、発見者の看守・近藤が彼を救急搬送した後失踪してしまう。懲戒免職が検討されるが、定年を間近に控えていた近藤が簡単な理由で失踪するはずがないと考えた二渡は、冤罪事件と失踪事件の調査のために48時間の猶予をもらう。そして、長年刑事になりたかった近藤がある未解決事件を追っている可能性に行き当たる。
  • 鵜飼県議会議員が県警を揺るがす不祥事に関する「爆弾質問」を出すという情報が入る。議会までの猶予は3日間、二渡は質問内容を掴み備えようとするが、二渡をライバル視する議会担当秘書官(警察官)の柘植は、鵜飼の弱味を探して質問自体を潰そうと企む。
  • 大黒警務部長が、警察庁次長の息子の結婚披露宴があるから職務中に亡くなった署員の署葬には出られないと言い出し、署葬を蔑ろにするわけにはいかないと両方に出席できるよう二渡は調整に奔走する。同じ頃二渡は、入院した尾坂部から捜査一課刑事OBの会「一の会」の幹事の代行を頼まれ、その会で二渡は葉山元刑事から過日起こった殺人事件の犯人が同期の猪熊だと伝えられる。二渡は猪熊を信じ調べ始める。
  • 保管庫に収められていた警察手帳30冊が盗まれる。警察官にも手帳から解放される時間が必要であると二渡が主張した一括保管が仇となった。内部犯行が疑われ、記者会見まで2日の猶予が与えられた。そんな中、連続通り魔犯検挙に貢献した婦警が無断欠勤をしていることが分かる。
prop-ja:番組名
  • 横山秀夫サスペンス
  • 陰の季節
prop-ja:監督
prop-ja:脚本
prop-ja:話数
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 話数
prop-ja:題名
  • 事故
  • エピソードタイトル
  • 刑事
  • 動機
  • 失踪
  • 密告
  • 清算
  • 陰の季節
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『陰の季節』(かげのきせつ)は、横山秀夫による日本の短編推理小説。第5回松本清張賞受賞作、第120回直木三十五賞候補作。2000年から2004年にかけてテレビドラマ化された。
rdfs:label
  • 陰の季節
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 陰の季節
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of