Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 院政(いんせい)は、在位する天皇の直系尊属である太上天皇(上皇)が、天皇に代わって政務を直接行う形態の政治である。上皇は「院」と呼ばれたので、院政という。「院政」という言葉自体は、江戸時代に頼山陽が『日本外史』の中でこうした政治形態を「政在上皇」として「院政」と表現し、明治政府によって編纂された『国史眼』がこれを参照にして「院政」と称したことで広く知られるようになったとされている。院政を布く上皇は治天の君とも呼ばれた。特に白河上皇の1086年から平家滅亡の1185年頃までを「院政時代」と呼ぶことがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 15805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 302 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57398629 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 院政(いんせい)は、在位する天皇の直系尊属である太上天皇(上皇)が、天皇に代わって政務を直接行う形態の政治である。上皇は「院」と呼ばれたので、院政という。「院政」という言葉自体は、江戸時代に頼山陽が『日本外史』の中でこうした政治形態を「政在上皇」として「院政」と表現し、明治政府によって編纂された『国史眼』がこれを参照にして「院政」と称したことで広く知られるようになったとされている。院政を布く上皇は治天の君とも呼ばれた。特に白河上皇の1086年から平家滅亡の1185年頃までを「院政時代」と呼ぶことがある。
rdfs:label
  • 院政
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of