Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 阿川 弘之(あがわ ひろゆき、1920年(大正9年)12月24日 - 2015年(平成27年)8月3日)は、日本の小説家、評論家。広島県名誉県民。日本芸術院会員。日本李登輝友の会名誉会長。文化勲章受章。代表作に、『春の城』『雲の墓標』のほか、大日本帝国海軍提督を描いた3部作(海軍提督三部作)『山本五十六』『米内光政』『井上成美』など。阿川は『私の履歴書』では、〔私の「履歴」を一と言で記せば、「地方の平凡な中流家庭に生まれ、小学校から大学まで、ごく平坦平凡な学生生活を送り、戦争中は海軍に従軍して多少の辛酸を嘗めたが、戦後間もなく志賀直哉の推輓により文壇に登場、以来作家としてこんにちに至る」、これだけである〕と回顧している。法学者の阿川尚之は長男、タレント・エッセイストの阿川佐和子は長女。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 2013-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1952-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthDate
  • 1920-12-24 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:deathDate
  • 2015-08-03 (xsd:date)
dbpedia-owl:education
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:relation
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 123562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16497 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58700376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東京帝国大学国文科
prop-ja:awards
  • 日本文学大賞(1987年)
  • 文化勲章(1999年)
  • 新潮社文学賞(1966年)
  • 日本芸術院賞・恩賜賞(1979年)
  • 毎日出版文化賞(1994年)
  • 菊池寛賞(2007年)
  • 読売文学賞(1953年・2002年)
  • 野間文芸賞(1994年)
prop-ja:birthDate
  • 1920-12-24 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ・広島県広島市
prop-ja:children
prop-ja:deathDate
  • 2015-08-03 (xsd:date)
prop-ja:debutWorks
  • 『春の城』(1952年)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • 阿川 弘之
  • (あがわ ひろゆき)
prop-ja:notableWorks
  • 『井上成美』(1986年)
  • 『山本五十六』(1965年)
  • 『春の城』(1952年)
  • 『雲の墓標』(1956年)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:relations
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 阿川 弘之(あがわ ひろゆき、1920年(大正9年)12月24日 - 2015年(平成27年)8月3日)は、日本の小説家、評論家。広島県名誉県民。日本芸術院会員。日本李登輝友の会名誉会長。文化勲章受章。代表作に、『春の城』『雲の墓標』のほか、大日本帝国海軍提督を描いた3部作(海軍提督三部作)『山本五十六』『米内光政』『井上成美』など。阿川は『私の履歴書』では、〔私の「履歴」を一と言で記せば、「地方の平凡な中流家庭に生まれ、小学校から大学まで、ごく平坦平凡な学生生活を送り、戦争中は海軍に従軍して多少の辛酸を嘗めたが、戦後間もなく志賀直哉の推輓により文壇に登場、以来作家としてこんにちに至る」、これだけである〕と回顧している。法学者の阿川尚之は長男、タレント・エッセイストの阿川佐和子は長女。
rdfs:label
  • 阿川弘之
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 阿川 弘之
  • (あがわ ひろゆき)
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:relation of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of