Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 阿寺山地(あてらさんち)は、岐阜県と長野県にまたがって、北西-南東方向にほぼ一直線に連なっている。これは、活断層である阿寺断層に起因するものである。木曽川水系の付知川や白川などの源流となる山地である。御嶽山の南に位置し、藪山となっている場合を除き、多くの山の頂上からは、御嶽山を望むことが出来る。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 410400 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1073 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59048302 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:pref
  • 岐阜県
  • 長野県
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上位山系
prop-ja:名称
  • 阿寺山地
prop-ja:所在地
prop-ja:最高峰
prop-ja:標高
  • 1982 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 阿寺山地(あてらさんち)は、岐阜県と長野県にまたがって、北西-南東方向にほぼ一直線に連なっている。これは、活断層である阿寺断層に起因するものである。木曽川水系の付知川や白川などの源流となる山地である。御嶽山の南に位置し、藪山となっている場合を除き、多くの山の頂上からは、御嶽山を望むことが出来る。
rdfs:label
  • 阿寺山地
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:alpsGroup of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:山系 of
is foaf:primaryTopic of