Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 阿多カルデラ(あたカルデラ)は、鹿児島湾南端の湾口部を構成するカルデラ。姶良カルデラと鬼界カルデラの中間に位置し、指宿カルデラ(いぶすきカルデラ)、肝属カルデラ(きもつきカルデラ)など複数のカルデラが複合したものと考えられている。カルデラ内部にある池田湖から山川湾にかけてのカルデラおよび噴火口群は池田山川としてランクCの活火山に指定されている。カルデラの西縁には同じくランクCの活火山開聞岳がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 727483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2497 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58984754 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 阿多カルデラ(あたカルデラ)は、鹿児島湾南端の湾口部を構成するカルデラ。姶良カルデラと鬼界カルデラの中間に位置し、指宿カルデラ(いぶすきカルデラ)、肝属カルデラ(きもつきカルデラ)など複数のカルデラが複合したものと考えられている。カルデラ内部にある池田湖から山川湾にかけてのカルデラおよび噴火口群は池田山川としてランクCの活火山に指定されている。カルデラの西縁には同じくランクCの活火山開聞岳がある。
rdfs:label
  • 阿多カルデラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of