Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 防護巡洋艦(ぼうごじゅんようかん;英語: Protected cruiser)は、19世紀後半から20世紀初頭にかけて存在した巡洋艦の形式である。装甲艦や戦艦、装甲巡洋艦が舷側に鋼鉄の装甲を張って防御としていたのに対し、主機室の上の甲板を装甲し(これを防護甲板という)、舷側には装甲を持たない比較的軽防御の巡洋艦をいう。チリ海軍がイギリスのアームストロング造船所に発注した巡洋艦「エスメラルダ」(1884年竣工)が世界最初の防護巡洋艦といわれる(同艦は1895年に日本海軍が購入し、二等巡洋艦「和泉」となった)。大型の装甲巡洋艦 1 隻の費用で小型高速の防護巡洋艦 3 隻が建造できるとされ、各国が競って装備した。しかし、実戦において防御力の不足が明らかになったこともあり、やがて廃れた。装甲巡洋艦が巡洋戦艦に進化し、戦艦が前ド級艦からド級艦に移っていったのと同様に、防護巡洋艦も技術や環境の変化につれて軽巡洋艦、さらには重巡洋艦へと変化していった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 241717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49770625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • 三等巡洋艦「フォルバン」」。 1900 トン台の小型巡洋艦。
  • フランス式ロシア製の一等防護巡洋艦「ヂアーナ」。
  • ドイツ製の一等防護巡洋艦「ボガトィーリ」。
  • 二等巡洋艦「デストレ」。 2400 トン台の中型巡洋艦。本艦により小型巡洋艦の建造は終了した。
  • アメリカ合衆国製の一等防護巡洋艦「ヴァリャーグ」。
  • 三等巡洋艦「トルード」。 1900 トン台の小型巡洋艦ながら艦隊の偵察任務から通商破壊戦まで行える実力を持っていた。
  • 一等巡洋艦「ジュリアン・ド・ラ・グラヴィエール」。
  • ドイツ製の一等防護巡洋艦「アスコーリト」。
  • 日本最初の防護巡洋艦「浪速」。
  • 防護巡洋艦「ハミディイェ」。
  • 防護巡洋艦「メジディイェ」。
  • 防護巡洋艦「平戸」。
  • 防護巡洋艦「海容」。
  • 防護巡洋艦「超勇」。
  • 防護巡洋艦「高砂」。
prop-ja:caption
  • 三等巡洋艦「フォルバン」」。 1900 トン台の小型巡洋艦。
  • ドイツ製の一等防護巡洋艦「ボガトィーリ」。
  • 二等巡洋艦「デストレ」。 2400 トン台の中型巡洋艦。本艦により小型巡洋艦の建造は終了した。
  • アメリカ合衆国製の一等防護巡洋艦「ヴァリャーグ」。
  • 三等巡洋艦「トルード」。 1900 トン台の小型巡洋艦ながら艦隊の偵察任務から通商破壊戦まで行える実力を持っていた。
  • 一等巡洋艦「ジュリアン・ド・ラ・グラヴィエール」。
  • ドイツ製の一等防護巡洋艦「アスコーリト」。
  • 日本最初の防護巡洋艦「浪速」。
  • フランス式ロシア製の一等防護巡洋艦「」。
  • 防護巡洋艦「ハミディイェ」。
  • 防護巡洋艦「メジディイェ」。
  • 防護巡洋艦「平戸」。
  • 防護巡洋艦「海容」。
  • 防護巡洋艦「超勇」。
  • 防護巡洋艦「高砂」。
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:header
  • 「ヂアーナ」級と遠距離偵察艦
prop-ja:image
  • Armoured_cruiser_Troude.jpg
  • Askold1898-1922b.jpg
  • Bogatyr'1898-1922-1.jpg
  • Chaoyong_ 2.jpg
  • Destres-Bougault.jpg
  • Diana1897-1922MalyyKronshatadskiyReyd.jpg
  • Forbin-Bougault.jpg
  • Hai_Yung.jpg
  • Japanese cruiser Hirado 1918.jpg
  • Japanese cruiser Naniwa in 1887.jpg
  • Japanese cruiser Takasago at Portsmouth.jpg
  • Jurien_de_la_graviere-Marius_Bar.jpg
  • Mecidiye1911Selanik.jpg
  • Savuranoglu hamidiye.jpg
  • Varyag1901Kronstadt.jpg
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 防護巡洋艦(ぼうごじゅんようかん;英語: Protected cruiser)は、19世紀後半から20世紀初頭にかけて存在した巡洋艦の形式である。装甲艦や戦艦、装甲巡洋艦が舷側に鋼鉄の装甲を張って防御としていたのに対し、主機室の上の甲板を装甲し(これを防護甲板という)、舷側には装甲を持たない比較的軽防御の巡洋艦をいう。チリ海軍がイギリスのアームストロング造船所に発注した巡洋艦「エスメラルダ」(1884年竣工)が世界最初の防護巡洋艦といわれる(同艦は1895年に日本海軍が購入し、二等巡洋艦「和泉」となった)。大型の装甲巡洋艦 1 隻の費用で小型高速の防護巡洋艦 3 隻が建造できるとされ、各国が競って装備した。しかし、実戦において防御力の不足が明らかになったこともあり、やがて廃れた。装甲巡洋艦が巡洋戦艦に進化し、戦艦が前ド級艦からド級艦に移っていったのと同様に、防護巡洋艦も技術や環境の変化につれて軽巡洋艦、さらには重巡洋艦へと変化していった。
rdfs:label
  • 防護巡洋艦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is foaf:primaryTopic of