Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 防石鉄道株式会社(ぼうせきてつどう)は、かつて山口県防府市と佐波郡徳地町(現山口市)の間を結んでいた鉄道路線を運営していた鉄道事業者である。社名の由来は周防と石見を結ぶ目的からつけられたもので、津和野を通り益田へ抜け、山陽と山陰を結ぶ鉄道として計画されたが、第一次世界大戦開戦による物価高騰により資金調達と工事がはかどらず、やがて国鉄山口線が全通したため陰陽連絡の夢は破れた。その後、津和野や海岸方向の中関地区への路線延長も計画されたが実現せず、防府 - 堀間を開業したのみに終わり、1960年代のモータリゼーションの進行に勝てず廃止となった。会社はその後バス事業者に転換したが、1992年に地場大手で親会社となっていた防長交通に吸収合併され、消滅している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 110863 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13313 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57513655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • 停車場・施設・接続路線
prop-ja:titleBg
  • #c1221c
prop-ja:titleColor
  • white
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:廃止
  • --07-01
prop-ja:所在地
prop-ja:終点
  • 堀駅
prop-ja:線路数
prop-ja:起点
prop-ja:路線名
  • 防石鉄道
prop-ja:路線距離
  • 18.8
prop-ja:軌間
  • 1067.0
prop-ja:運営者
  • 防石鉄道
prop-ja:開業
  • --07-05
prop-ja:電化方式
prop-ja:駅数
  • 12 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 防石鉄道株式会社(ぼうせきてつどう)は、かつて山口県防府市と佐波郡徳地町(現山口市)の間を結んでいた鉄道路線を運営していた鉄道事業者である。社名の由来は周防と石見を結ぶ目的からつけられたもので、津和野を通り益田へ抜け、山陽と山陰を結ぶ鉄道として計画されたが、第一次世界大戦開戦による物価高騰により資金調達と工事がはかどらず、やがて国鉄山口線が全通したため陰陽連絡の夢は破れた。その後、津和野や海岸方向の中関地区への路線延長も計画されたが実現せず、防府 - 堀間を開業したのみに終わり、1960年代のモータリゼーションの進行に勝てず廃止となった。会社はその後バス事業者に転換したが、1992年に地場大手で親会社となっていた防長交通に吸収合併され、消滅している。
rdfs:label
  • 防石鉄道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of