Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『闇の奥』(やみのおく、Heart Of Darkness、1902年出版)はイギリスの小説家、ジョゼフ・コンラッド( Joseph Conrad, 1857 - 1924年)の代表作。西洋植民地主義の暗い側面を描写したこの小説は、英国船員時代にコンゴ川で得た経験を元に書かれ、1899年に発表された。ランダム・ハウス、モダン・ライブラリーが選んだ「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」に選出されている。闇の奥というタイトルはアフリカ奥地の闇でもあるが、人間の心の闇、西欧文明の闇をも含意していると考えられる。この作品の舞台であるコンゴ川一帯にはベルギー国王レオポルド2世の「私有地」であったコンゴ自由国(後にベルギー領コンゴ)が存在し、同地住民に対する苛烈な搾取政策を取った事から欧州各国から国際的非難が叫ばれていた(同国参照)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 511589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58035567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『闇の奥』(やみのおく、Heart Of Darkness、1902年出版)はイギリスの小説家、ジョゼフ・コンラッド( Joseph Conrad, 1857 - 1924年)の代表作。西洋植民地主義の暗い側面を描写したこの小説は、英国船員時代にコンゴ川で得た経験を元に書かれ、1899年に発表された。ランダム・ハウス、モダン・ライブラリーが選んだ「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」に選出されている。闇の奥というタイトルはアフリカ奥地の闇でもあるが、人間の心の闇、西欧文明の闇をも含意していると考えられる。この作品の舞台であるコンゴ川一帯にはベルギー国王レオポルド2世の「私有地」であったコンゴ自由国(後にベルギー領コンゴ)が存在し、同地住民に対する苛烈な搾取政策を取った事から欧州各国から国際的非難が叫ばれていた(同国参照)。
rdfs:label
  • 闇の奥
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of