Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 関節肢(かんせつし)とは、昆虫などの節足動物に見られる基節・腿節・脛節・跗節等と呼ばれる数個の関節化した節によって構成されている脚の構造であり、「節足動物」の名の由来となっている。そのため、時にこれを節足(せっそく)という場合もあるが、生物学的用語ではない。それぞれの節はクチクラによって構成され、各節間が関節膜によって繋げられて一方の節が他方の節に嵌り込む構造となっており、一方の関節が伸びると他方の関節が閉じられて分解しないようになっている。また、股関節は関節丘(ピポット)と呼ばれるクチクラ性の突起を支点として屈折させる事が可能である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 559761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1535 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58243556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 関節肢(かんせつし)とは、昆虫などの節足動物に見られる基節・腿節・脛節・跗節等と呼ばれる数個の関節化した節によって構成されている脚の構造であり、「節足動物」の名の由来となっている。そのため、時にこれを節足(せっそく)という場合もあるが、生物学的用語ではない。それぞれの節はクチクラによって構成され、各節間が関節膜によって繋げられて一方の節が他方の節に嵌り込む構造となっており、一方の関節が伸びると他方の関節が閉じられて分解しないようになっている。また、股関節は関節丘(ピポット)と呼ばれるクチクラ性の突起を支点として屈折させる事が可能である。
rdfs:label
  • 関節肢
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of