Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 関節炎(かんせつえん、英: Arthritis)は、関節の炎症をともなう疾病の総称。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などが知られている。関節炎と関節周囲炎の区別としては関節炎は他動的に動かしても関節痛が認められ、どの方向に動かしても痛みがあることが特徴とされている。運動時痛とは関節障害を疑う徴候であるが、腱鞘炎の場合、自分で動かすと痛いが他動的に動かすと痛みを感じないとされている。
dbpedia-owl:commonName
  • 関節炎
dbpedia-owl:icd10
  • M00-M25
dbpedia-owl:icd9
  • -
  • 710
  • 719
dbpedia-owl:meshId
  • D001168
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1397852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2745 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58266057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:diseasesdb
  • 15237 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinetopic
  • arthritis
prop-ja:icd
  • 710 (xsd:integer)
  • 719 (xsd:integer)
  • -
  • M00-M25
prop-ja:medlineplus
  • 1243 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D001168
prop-ja:name
  • 関節炎
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 関節炎(かんせつえん、英: Arthritis)は、関節の炎症をともなう疾病の総称。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などが知られている。関節炎と関節周囲炎の区別としては関節炎は他動的に動かしても関節痛が認められ、どの方向に動かしても痛みがあることが特徴とされている。運動時痛とは関節障害を疑う徴候であるが、腱鞘炎の場合、自分で動かすと痛いが他動的に動かすと痛みを感じないとされている。
rdfs:label
  • 関節炎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:description of
is foaf:primaryTopic of