Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 関白相論(かんぱくそうろん)は、天正13年(1585年)に二条昭実と近衛信輔の間で発生した関白の地位を巡る争い。これは、この年に羽柴秀吉が内大臣に昇進した事をきっかけとした人事抗争であるが、結果的に当事者の2人を差し置いて秀吉が関白に就任することになり、豊臣政権にとっては大きな画期となる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 783727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 143 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56846067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 関白相論(かんぱくそうろん)は、天正13年(1585年)に二条昭実と近衛信輔の間で発生した関白の地位を巡る争い。これは、この年に羽柴秀吉が内大臣に昇進した事をきっかけとした人事抗争であるが、結果的に当事者の2人を差し置いて秀吉が関白に就任することになり、豊臣政権にとっては大きな画期となる。
rdfs:label
  • 関白相論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of