Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 関係主義(かんけいしゅぎ)、ないしは関係論(-ろん) (英: relationalism)とは、存在を関係性の中の結節点(ノード)として捉える発想・主張のこと。存在が独立的・自立的に存在していると捉える実体論(substantialism)、素朴実在論(素朴実体論)と対照を成す。なお、似た用語としては、知識社会学の祖であるカール・マンハイム等に始まる、思想・認識の社会的被拘束性・相関性を前提とした、個々の社会的・歴史的文脈に着目する相関主義(relationism)があるが、関係主義(relationalism)は関係性そのものを強調するという点で、ニュアンスや観点がいくらか異なる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2714953 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59140851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 関係主義(かんけいしゅぎ)、ないしは関係論(-ろん) (英: relationalism)とは、存在を関係性の中の結節点(ノード)として捉える発想・主張のこと。存在が独立的・自立的に存在していると捉える実体論(substantialism)、素朴実在論(素朴実体論)と対照を成す。なお、似た用語としては、知識社会学の祖であるカール・マンハイム等に始まる、思想・認識の社会的被拘束性・相関性を前提とした、個々の社会的・歴史的文脈に着目する相関主義(relationism)があるが、関係主義(relationalism)は関係性そのものを強調するという点で、ニュアンスや観点がいくらか異なる。
rdfs:label
  • 関係主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of