Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 間部 詮央(まなべ あきなか、1738年12月12日(元文3年11月2日) - 1771年7月11日(明和8年5月29日))は、越前鯖江藩の第3代藩主。間部家4代。第2代藩主・間部詮方の次男。母は有馬一準の娘。正室は朽木玄綱の娘・浄鏡院。子に娘(織田秀綿継室)。通称は多門。官位は従五位下。主膳正。長兄は早くに亡くなっていたため、嫡子となる。宝暦5年(1755年)12月25日、将軍徳川家重にお目見えする。同年12月28日、従五位下主膳正に叙任する。宝暦11年12月6日、父詮方の隠居により、家督を相続した。宝暦13年6月22日、初めてお国入りする許可を得る。江戸上屋敷の火事や婚礼における経費、凶作などの不幸が重なって財政は火の車となり、詮央は厳しい倹約令を出して財政改革に取り組もうとしたが、その矢先に死去した。享年34(満32歳没)。嗣子が無かったため、弟の詮茂が継いだ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 265989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53497813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 間部 詮央(まなべ あきなか、1738年12月12日(元文3年11月2日) - 1771年7月11日(明和8年5月29日))は、越前鯖江藩の第3代藩主。間部家4代。第2代藩主・間部詮方の次男。母は有馬一準の娘。正室は朽木玄綱の娘・浄鏡院。子に娘(織田秀綿継室)。通称は多門。官位は従五位下。主膳正。長兄は早くに亡くなっていたため、嫡子となる。宝暦5年(1755年)12月25日、将軍徳川家重にお目見えする。同年12月28日、従五位下主膳正に叙任する。宝暦11年12月6日、父詮方の隠居により、家督を相続した。宝暦13年6月22日、初めてお国入りする許可を得る。江戸上屋敷の火事や婚礼における経費、凶作などの不幸が重なって財政は火の車となり、詮央は厳しい倹約令を出して財政改革に取り組もうとしたが、その矢先に死去した。享年34(満32歳没)。嗣子が無かったため、弟の詮茂が継いだ。
rdfs:label
  • 間部詮央
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of