Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 間宮 林蔵(まみや りんぞう、安永9年(1780年) - 天保15年2月26日(1844年4月13日))は江戸時代後期の隠密、探検家。樺太(サハリン)が島である事を確認した事で知られる。近藤重蔵、平山行蔵と共に「文政の三蔵」と呼ばれる。名は倫宗(ともむね)。農民出身であり、幕府隠密をつとめた役人であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 100883 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58748553 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • また、シーボルト事件を幕府に密告したとされている。蘭学者の小関三英は兄への手紙の中で、林蔵を天文方・高橋景保を密告し幕府に捕えさせた者として記している。 高橋景保は林蔵にとって大師匠にあたる高橋至時の息子であり、儒教道徳においては許し難い行動であり「さすがは冷酷な忍者である」という非難がなされた。しかし、鎖国を建前としていた当時、外国人との交流を勝手に行う事は許されておらず、幕府に届け出なければならなかったのにも関わらず、景保はこれを破って密かにシーボルトとやりとりしており、シーボルトから景保宛の書簡に林蔵宛の包みも入っていたので林蔵が規定通り届け出たところ、景保とシーボルトの関わりが明らかになったという経緯からすれば、林蔵に対する非難は的確でないといえる。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 間宮 林蔵(まみや りんぞう、安永9年(1780年) - 天保15年2月26日(1844年4月13日))は江戸時代後期の隠密、探検家。樺太(サハリン)が島である事を確認した事で知られる。近藤重蔵、平山行蔵と共に「文政の三蔵」と呼ばれる。名は倫宗(ともむね)。農民出身であり、幕府隠密をつとめた役人であった。
rdfs:label
  • 間宮林蔵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is foaf:primaryTopic of