Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 閉塞性肺疾患(へいそくせいはいしっかん、英語: Obstructive lung disease)とは、呼吸器疾患の一つで、気道の狭窄症状と肺の過膨張を主徴候とするものを指す。共通の所見として呼気延長、1秒率の低下、喘鳴、残気量の増加、%肺活量には変化がないことなどが挙げられ、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、びまん性汎細気管支炎が含まれるとする。また最近では慢性気管支炎と肺気腫の2つを合わせて慢性閉塞性肺疾患(COPD)という呼び方もされている。なお、慢性閉塞性肺疾患に対する根治的治療法は現時点ではない。主な発生起因は喫煙といわれており、COPD患者の90%は喫煙者である。
dbpedia-owl:meshId
  • D008173
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 398830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 956 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46952940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:meshid
  • D008173
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 閉塞性肺疾患(へいそくせいはいしっかん、英語: Obstructive lung disease)とは、呼吸器疾患の一つで、気道の狭窄症状と肺の過膨張を主徴候とするものを指す。共通の所見として呼気延長、1秒率の低下、喘鳴、残気量の増加、%肺活量には変化がないことなどが挙げられ、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、びまん性汎細気管支炎が含まれるとする。また最近では慢性気管支炎と肺気腫の2つを合わせて慢性閉塞性肺疾患(COPD)という呼び方もされている。なお、慢性閉塞性肺疾患に対する根治的治療法は現時点ではない。主な発生起因は喫煙といわれており、COPD患者の90%は喫煙者である。
rdfs:label
  • 閉塞性肺疾患
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of