Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 閃ウラン鉱(せんウランこう、uraninite)は、二酸化ウラン(UO2)よりなる鉱物。等軸晶系、硬度は 5 - 6、比重は 7.5 - 10。硫酸、硝酸、フッ化水素酸に可溶。全ての閃ウラン鉱は、ウランが崩壊した結果として少量のラジウムを含む。また、少量のトリウム、希土類なども含む。ウランは、1789年にマルティン・ハインリヒ・クラプロートによりこの鉱物から始めて発見された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 856461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1222 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58324736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:光沢
  • 亜金属光沢
prop-ja:分類
  • 酸化鉱物
prop-ja:劈開
  • なし
prop-ja:晶系
  • 等軸晶系
prop-ja:条痕
  • 黒色
prop-ja:比重
  • 7.500000 (xsd:double)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:硬度
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:組成
  • UO2
prop-ja:
  • 黒色
prop-ja:鉱物名
  • 閃ウラン鉱
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 閃ウラン鉱(せんウランこう、uraninite)は、二酸化ウラン(UO2)よりなる鉱物。等軸晶系、硬度は 5 - 6、比重は 7.5 - 10。硫酸、硝酸、フッ化水素酸に可溶。全ての閃ウラン鉱は、ウランが崩壊した結果として少量のラジウムを含む。また、少量のトリウム、希土類なども含む。ウランは、1789年にマルティン・ハインリヒ・クラプロートによりこの鉱物から始めて発見された。
rdfs:label
  • 閃ウラン鉱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is foaf:primaryTopic of