Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 長登銅山(ながのぼりどうざん)は秋吉台南東に隣接する、山口県美祢市にあった銅を中心とした鉱物を産出した鉱山である。長登銅山は 7世紀末ないし8世紀初頭から銅を中心とした鉱物の産出を開始し、特に奈良時代には東大寺の大仏の銅として利用された可能性が高いことで名高い。その後も1960年(昭和35年)の閉山まで、断続的に操業が続けられた。また秋吉台の周辺を中心に、長登銅山の近隣には地質学的に良く似た、銅などの鉱物を産出した鉱山が分布しており、それらの鉱山と鉱山に付属する製錬・加工施設についても、必要に応じて説明を加える。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1969788 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 31119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59061529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 34.24494444444444 131.3361111111111
rdf:type
rdfs:comment
  • 長登銅山(ながのぼりどうざん)は秋吉台南東に隣接する、山口県美祢市にあった銅を中心とした鉱物を産出した鉱山である。長登銅山は 7世紀末ないし8世紀初頭から銅を中心とした鉱物の産出を開始し、特に奈良時代には東大寺の大仏の銅として利用された可能性が高いことで名高い。その後も1960年(昭和35年)の閉山まで、断続的に操業が続けられた。また秋吉台の周辺を中心に、長登銅山の近隣には地質学的に良く似た、銅などの鉱物を産出した鉱山が分布しており、それらの鉱山と鉱山に付属する製錬・加工施設についても、必要に応じて説明を加える。
rdfs:label
  • 長登銅山
owl:sameAs
geo:lat
  • 34.244946 (xsd:float)
geo:long
  • 131.336105 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of