Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 長子音(ちょうしいん)は子音の持続時間が長いもののことである。国際音声記号では子音の後に [ː] を付けて表す。長子音でない一般の子音は短子音と呼ぶ。重子音(英: gemination)とも呼ばれる。短子音と長子音を音韻的に区別する言語としては日本語、アラビア語、イタリア語、エストニア語、カタロニア語、デンマーク語、ハンガリー語、フィンランド語、ラテン語、ロシア語などが存在する。長さは言語によって異なり、日本語のように1モーラ分長くなる場合もある。また、エストニア語においては短・長・超長の三段階で意味を区別する。破裂音・破擦音の場合は、子音の持続時間が延長するのではなく、前に気流の停止が挿入され、これを合わせた時間が短子音より長くなる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 740533 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58962660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 長子音(ちょうしいん)は子音の持続時間が長いもののことである。国際音声記号では子音の後に [ː] を付けて表す。長子音でない一般の子音は短子音と呼ぶ。重子音(英: gemination)とも呼ばれる。短子音と長子音を音韻的に区別する言語としては日本語、アラビア語、イタリア語、エストニア語、カタロニア語、デンマーク語、ハンガリー語、フィンランド語、ラテン語、ロシア語などが存在する。長さは言語によって異なり、日本語のように1モーラ分長くなる場合もある。また、エストニア語においては短・長・超長の三段階で意味を区別する。破裂音・破擦音の場合は、子音の持続時間が延長するのではなく、前に気流の停止が挿入され、これを合わせた時間が短子音より長くなる。
rdfs:label
  • 長子音
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of