Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 長 元連(ちょう もとつら、寛永5年2月24日(1628年3月29日) - 元禄10年6月11日(1697年7月28日))は、加賀藩加賀八家長家嫡男。父は長連頼。母は前田利常の娘。兄弟は長忠連。正室は永原氏。子は長尚連、長連房。幼名石千代。通称左兵衛。号一玄。加賀藩が推進する改作法を、長家が独自に領する鹿島半郡に導入することと、検地に反対する家老浦野孫右衛門に組して父連頼と対立。連頼が藩に訴えたことにより、藩の介入するところとなる(浦野事件)。寛文7年(1667年)8月浦野孫右衛門は切腹となり、元連も事件の責めを負い廃嫡、剃髪して蟄居する。父連頼の家督は嫡子の尚連が嫡孫承祖した。元禄10年(1697年)6月11日没。享年70。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1893473 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 574 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56674811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 長 元連(ちょう もとつら、寛永5年2月24日(1628年3月29日) - 元禄10年6月11日(1697年7月28日))は、加賀藩加賀八家長家嫡男。父は長連頼。母は前田利常の娘。兄弟は長忠連。正室は永原氏。子は長尚連、長連房。幼名石千代。通称左兵衛。号一玄。加賀藩が推進する改作法を、長家が独自に領する鹿島半郡に導入することと、検地に反対する家老浦野孫右衛門に組して父連頼と対立。連頼が藩に訴えたことにより、藩の介入するところとなる(浦野事件)。寛文7年(1667年)8月浦野孫右衛門は切腹となり、元連も事件の責めを負い廃嫡、剃髪して蟄居する。父連頼の家督は嫡子の尚連が嫡孫承祖した。元禄10年(1697年)6月11日没。享年70。
rdfs:label
  • 長元連
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of