Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『長い長い殺人』(ながいながいさつじん)は、宮部みゆきによるミステリ小説、またそれを原作とした映像化作品である。連作小説の形態をとっており、語り部は登場人物の財布という異色の作品である。ある事件に巻き込まれた10人が持つ財布の視点から語られる10篇の物語が次第に繋がっていき、登場人物の人間模様と事件の真相が描かれていく形式となっている。最初の短編「刑事の財布」が掲載されたのは、「別冊小説宝石」の1989年冬号である。その後、「小説宝石」で1990年から1992年にわたって9編の短編が掲載され、1992年に光文社より発刊された単行本にエピローグが書き下ろされた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1174602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5052 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54701611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『長い長い殺人』(ながいながいさつじん)は、宮部みゆきによるミステリ小説、またそれを原作とした映像化作品である。連作小説の形態をとっており、語り部は登場人物の財布という異色の作品である。ある事件に巻き込まれた10人が持つ財布の視点から語られる10篇の物語が次第に繋がっていき、登場人物の人間模様と事件の真相が描かれていく形式となっている。最初の短編「刑事の財布」が掲載されたのは、「別冊小説宝石」の1989年冬号である。その後、「小説宝石」で1990年から1992年にわたって9編の短編が掲載され、1992年に光文社より発刊された単行本にエピローグが書き下ろされた。
rdfs:label
  • 長い長い殺人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前作 of
is foaf:primaryTopic of