Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鑑賞(かんしょう)とは、芸術作品などの美的な対象を視覚、あるいは聴覚を通して自己の中に受け入れ、深く味わうことである。観賞、観照とも書くが、観賞は芸術作品としての認定が難しいものや、芸術作品でないもの(観賞魚、観賞植物など)に用いるほか、一部の学説では観照を鑑賞と区別するといった考え方もある。対立する表現とは違って能動的とはいえないものの、対象に直接的なおかつ積極的に関わり合うことによって、対象の中から具現化された美的なものを見出すことのできることから、受動的な美的体験でもない、という特徴も持っている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1453183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 594 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57567258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鑑賞(かんしょう)とは、芸術作品などの美的な対象を視覚、あるいは聴覚を通して自己の中に受け入れ、深く味わうことである。観賞、観照とも書くが、観賞は芸術作品としての認定が難しいものや、芸術作品でないもの(観賞魚、観賞植物など)に用いるほか、一部の学説では観照を鑑賞と区別するといった考え方もある。対立する表現とは違って能動的とはいえないものの、対象に直接的なおかつ積極的に関わり合うことによって、対象の中から具現化された美的なものを見出すことのできることから、受動的な美的体験でもない、という特徴も持っている。
rdfs:label
  • 鑑賞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of