Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鏡の宿(かがみのしゅく)は、平安時代から見える近江国蒲生郡鏡山の北(現滋賀県蒲生郡竜王町大字鏡)にある東山道の宿場(宿駅)。早朝に都を出た旅人の多くが最初の宿泊地とした。『平治物語』で源義経が自ら元服した地として知られる。16歳の遮那王(義経)は、稚児として預けられていた鞍馬寺を出奔した。その日の晩に鏡の宿に到着すると、夜も更けてから自分で髻を結い、懐から取り出した烏帽子をかぶって元服した。成人した名を付ける烏帽子親もいないので、自ら源九郎義経と名乗ったという。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1646410 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57343225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鏡の宿(かがみのしゅく)は、平安時代から見える近江国蒲生郡鏡山の北(現滋賀県蒲生郡竜王町大字鏡)にある東山道の宿場(宿駅)。早朝に都を出た旅人の多くが最初の宿泊地とした。『平治物語』で源義経が自ら元服した地として知られる。16歳の遮那王(義経)は、稚児として預けられていた鞍馬寺を出奔した。その日の晩に鏡の宿に到着すると、夜も更けてから自分で髻を結い、懐から取り出した烏帽子をかぶって元服した。成人した名を付ける烏帽子親もいないので、自ら源九郎義経と名乗ったという。
rdfs:label
  • 鏡の宿
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of