Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鎌倉公方(かまくらくぼう)とは、室町時代に室町幕府の征夷大将軍が関東十か国における出先機関として設置した鎌倉府の長官。関東公方とも称するが、この場合鎌倉公方の後身である古河公方も含まれた呼称となる。鎌倉公方はあくまでも歴史学用語及び鎌倉公方の自称であって当時の一般呼称ではない。当時の一般呼称は“鎌倉御所”か“鎌倉殿”である。また、鎌倉公方は将軍から任命される正式な幕府の役職ではなく、鎌倉を留守にしている将軍の代理に過ぎない。「鎌倉殿(公方)」の当初の正式な役職名は「関東管領」であり、上杉氏は「執事」であったが、やがて執事家が関東管領となり、本来の「関東管領家」が「鎌倉(関東)公方」となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 89418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57939374 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鎌倉公方(かまくらくぼう)とは、室町時代に室町幕府の征夷大将軍が関東十か国における出先機関として設置した鎌倉府の長官。関東公方とも称するが、この場合鎌倉公方の後身である古河公方も含まれた呼称となる。鎌倉公方はあくまでも歴史学用語及び鎌倉公方の自称であって当時の一般呼称ではない。当時の一般呼称は“鎌倉御所”か“鎌倉殿”である。また、鎌倉公方は将軍から任命される正式な幕府の役職ではなく、鎌倉を留守にしている将軍の代理に過ぎない。「鎌倉殿(公方)」の当初の正式な役職名は「関東管領」であり、上杉氏は「執事」であったが、やがて執事家が関東管領となり、本来の「関東管領家」が「鎌倉(関東)公方」となった。
rdfs:label
  • 鎌倉公方
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:strength of
is prop-ja:家祖 of
is prop-ja:幕府 of
is foaf:primaryTopic of