Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鍵盤付(き)グロッケンシュピール(けんばんつきグロッケンシュピール)は、鍵盤式グロッケンシュピール(けんばんしきグロッケンシュピール)、鍵盤型グロッケンシュピール(けんばんがたグロッケンシュピール)など複数の和名を持つ鍵盤楽器である。鉄琴を鍵盤によって奏する。呼称には、後述する歴史的な背景が多く絡んで複雑な経緯を内包している。チェレスタが19世紀末に発明された後、長い間忘れ去られていたこの楽器は、20世紀に入ってから復興され、徐々に作曲家たちが起用するようになった。そのため、チェレスタの後発楽器であるような誤解を受けているが、実は新しい楽器ではなく、17世紀に既に存在していた。チェレスタのくぐもった可愛らしい音色とは異なり、この楽器はきらびやかな音色を特徴としている。近年になってこの楽器が出回るようになるまでは、多くチェレスタによって代用されてきたが、表現が全く異なるため、現在ではその代用は敬遠されている。この楽器が入手できない場合には、音色の異なるチェレスタでの代用ではなく、より音色の近い鉄琴を奏者2名で演奏して代用されることが多い。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 374622 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57504692 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鍵盤付(き)グロッケンシュピール(けんばんつきグロッケンシュピール)は、鍵盤式グロッケンシュピール(けんばんしきグロッケンシュピール)、鍵盤型グロッケンシュピール(けんばんがたグロッケンシュピール)など複数の和名を持つ鍵盤楽器である。鉄琴を鍵盤によって奏する。呼称には、後述する歴史的な背景が多く絡んで複雑な経緯を内包している。チェレスタが19世紀末に発明された後、長い間忘れ去られていたこの楽器は、20世紀に入ってから復興され、徐々に作曲家たちが起用するようになった。そのため、チェレスタの後発楽器であるような誤解を受けているが、実は新しい楽器ではなく、17世紀に既に存在していた。チェレスタのくぐもった可愛らしい音色とは異なり、この楽器はきらびやかな音色を特徴としている。近年になってこの楽器が出回るようになるまでは、多くチェレスタによって代用されてきたが、表現が全く異なるため、現在ではその代用は敬遠されている。この楽器が入手できない場合には、音色の異なるチェレスタでの代用ではなく、より音色の近い鉄琴を奏者2名で演奏して代用されることが多い。
rdfs:label
  • 鍵盤付きグロッケンシュピール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:その他 of
is foaf:primaryTopic of