Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鍵層(かぎそう、key bed、marker bed)とは、地層の年代を比較し特定するために用いられる特徴的な層である。主に堆積層がその対象層であり、同一時代に堆積した地層であることがその要件である。地層は、侵食作用を受けることから、水平方向に連続しないことがほとんどであり、離れた2点間の地層の生成年代を地層対比し、連続性を判断する際に鍵層は重要な材料となる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 218847 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1638 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47737292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 鍵層(かぎそう、key bed、marker bed)とは、地層の年代を比較し特定するために用いられる特徴的な層である。主に堆積層がその対象層であり、同一時代に堆積した地層であることがその要件である。地層は、侵食作用を受けることから、水平方向に連続しないことがほとんどであり、離れた2点間の地層の生成年代を地層対比し、連続性を判断する際に鍵層は重要な材料となる。
rdfs:label
  • 鍵層
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of