Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 鍋屋バイテック株式会社(なべやバイテック、Nabeya Bi-Tech Kaisha )は、岐阜県関市にある機械要素部品メーカー。2010年度 APEC 中小企業 大臣会合に参加した各国の大臣•国務長官の視察先に選定された随一の企業で、日本を代表する中小企業・老舗(1560年創業)の1社。株式会社を入れた正式な社名は鍋屋バイテック株式会社だが、通称及び英語では「鍋屋バイテック会社(Nabeya Bi-Tech Kaisha)」という。ユニークな命名である。本社は「工場」と呼ばず、「工園」という。これは前社長の岡本太一が、「自然と融合したクリエイティブな工場」を標榜したからである。目標管理や成果主義などで社員を縛らず、のびのびと自由に行動してもらうことが好結果を生むという発想に基づいて、売上げなどの目標を持たない特異な企業である。国際取引も多く、地方にありながらグローバル感のある自由闊達な社風で知られる。岡本は1995年 "科学技術振興功績者"として科学技術庁長官賞を、2005年にはデザイン・エクセレント・カンパニー賞を受賞した。2007年、岡本は代表権のない会長に退き、後任として金田光夫が社長に就任した。金田は創業1560年以来初の岡本家以外からの社長就任となった。2007年には「日経スペシャル カンブリア宮殿」で、"最先端を走る老舗・理想工場"として紹介された。中部地方の中小企業としては初。出演した企業としてもトヨタ自動車・樹研工業に続いて中部地方で3社目であり、日本を代表する中小企業の1社に肩を並べた。1560年創業のナベヤから太一の父である友吉が本家から独立して設立し、ナベヤと同じく伝統技術である鋳物をベースとした伝導機器を製造している。分家・グループ企業の多くも「ナベヤ」もしくは「鍋屋」の称号を社名に有している。
dbpedia-owl:commonName
  • 鍋屋バイテック株式会社
dbpedia-owl:foundingYear
  • 1940-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:legalForm
dbpedia-owl:numberOfEmployees
  • 410 (xsd:integer)
dbpedia-owl:postalCode
  • 501-3939
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 436028 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2499 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57401510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:代表者
  • 代表取締役社長 金田光夫
prop-ja:創業
  • 1560 (xsd:integer)
prop-ja:売上高
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:外部リンク
prop-ja:従業員数
  • 410 (xsd:integer)
prop-ja:本社所在地
  • 岐阜県関市桃紅大地1番地
prop-ja:本社郵便番号
  • 501 (xsd:integer)
prop-ja:業種
  • 3600 (xsd:integer)
prop-ja:略称
  • NBK
prop-ja:社名
  • 鍋屋バイテック株式会社
prop-ja:種類
prop-ja:英文社名
  • Nabeya Bi-Tech Kaisha
prop-ja:設立
  • 1940 (xsd:integer)
prop-ja:資本金
  • 9600 (xsd:integer)
prop-ja:関係する人物
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 鍋屋バイテック株式会社(なべやバイテック、Nabeya Bi-Tech Kaisha )は、岐阜県関市にある機械要素部品メーカー。2010年度 APEC 中小企業 大臣会合に参加した各国の大臣•国務長官の視察先に選定された随一の企業で、日本を代表する中小企業・老舗(1560年創業)の1社。株式会社を入れた正式な社名は鍋屋バイテック株式会社だが、通称及び英語では「鍋屋バイテック会社(Nabeya Bi-Tech Kaisha)」という。ユニークな命名である。本社は「工場」と呼ばず、「工園」という。これは前社長の岡本太一が、「自然と融合したクリエイティブな工場」を標榜したからである。目標管理や成果主義などで社員を縛らず、のびのびと自由に行動してもらうことが好結果を生むという発想に基づいて、売上げなどの目標を持たない特異な企業である。国際取引も多く、地方にありながらグローバル感のある自由闊達な社風で知られる。岡本は1995年 "科学技術振興功績者"として科学技術庁長官賞を、2005年にはデザイン・エクセレント・カンパニー賞を受賞した。2007年、岡本は代表権のない会長に退き、後任として金田光夫が社長に就任した。金田は創業1560年以来初の岡本家以外からの社長就任となった。2007年には「日経スペシャル カンブリア宮殿」で、"最先端を走る老舗・理想工場"として紹介された。中部地方の中小企業としては初。出演した企業としてもトヨタ自動車・樹研工業に続いて中部地方で3社目であり、日本を代表する中小企業の1社に肩を並べた。1560年創業のナベヤから太一の父である友吉が本家から独立して設立し、ナベヤと同じく伝統技術である鋳物をベースとした伝導機器を製造している。分家・グループ企業の多くも「ナベヤ」もしくは「鍋屋」の称号を社名に有している。
rdfs:label
  • 鍋屋バイテック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Nabeya Bi-Tech Kaisha
  • 鍋屋バイテック株式会社
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of